フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 初夏の詩情 萩原朔太郎 | トップページ | 鬼城句集 春之部 藤の花 »

2013/04/24

祕密 萩原朔太郎

 祕密

 

 春畫や春本ほど、一般に祕密にされながら、しかも普遍的なものはないだらう。實に至る所に、僕等はその表現を發見する。たとへば町の共同便所や、寄宿舎の壁や、工場の集會所や、それからたいていの中學生のノートなどに。

 此等のものについて、僕の實に驚くことは、すべてが一樣の型にはまり、同じ言語、同じ畫面が、至る所に約束されてゐるといふことである。そこにはいつも、氣の利かない、馬鹿馬鹿しい、無刺激の言語が羅列され、ただ醜惡の外、何の春情をも挑撥し得ない、誇張した局部の穢畫がある。何故に人々は、こんな醜劣な、非色情的なものによつて、性感の満足と表現を得るのだらうか。もし人間の性生活が、實に果してこの通りで、一樣に、単調に、平凡に、型にはまつたものであり、且つそれが一般的であるとすれば、人生は何といふ陰慘な存在だらう。あらゆる春畫の表現は、僕を絶望的にまで憂鬱にする。實に春童や春本ほど、僕にとつて人生を味氣なく、退屈に感じさせるものはない。

 或はもちろん、此等の街路に見る落書は、何等質感からの表現でなく、子供等の無心にする摸倣の惡戯であるだらう。しかしながら歌麿や豊國やの大家等が、時に全くその「同じもの」を描いて居るのだ。すべての美術的な春畫が、同樣に醜惡の局部を描き、型にはまつた一樣式のものであるとは? 他の創作に於ては、かれほどに獨創的で、特異な個性と創見とをもつてる畫家が、人生の最も情熱的な畫題に対して、一も類型の平凡を脱しないといふことは、いかに人間の性生活が、一般を通じて單調であり、馬鹿馬鹿しく、無刺激なものであるかを證據する。

 果してけれども、それが人間の實の表現だらうか。たいていの人々は、思ふにその實の表現を祕密にしてゐる。人間の羞恥心は、實の恥づかしい、デリケートな性感を人にかくし、一般に知られてゐる、紋切り型の、公開されたものだけを表現してゐる。春畫や淫本に於てさへも、人生の明らさまの表口しか、僕等は見ることができないのだ。

 

[やぶちゃん注:『手帖』第一巻第四号・昭和二(一九二七)年六月号に掲載。……「他の創作に於ては、かれほどに獨創的で、特異な個性と創見とをもつてる畫家が、人生の最も情熱的な畫題に対して、一も類型の平凡を脱しないといふことは、いかに人間の性生活が、一般を通じて單調であり、馬鹿馬鹿しく、無刺激なものであるかを證據する」という断言……そしてコーダに於いて「春畫や淫本に於てさへも、人生の明らさまの表口しか、僕等は見ることができないのだ」と、ある対象を強調的に例示し、それによって他の場合は勿論、当然であることを類推させる副助詞「さへ」に添加の係助詞「も」を用いた朔太郎の、くだらない、おおかたの人間存在の、その人生というものへの絶対のアンニュイが見てとれる……]

« 初夏の詩情 萩原朔太郎 | トップページ | 鬼城句集 春之部 藤の花 »