フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栂尾明恵上人伝記 10 十三歳 「今は早十三に成りぬ、既に年老いたり、死なんこと近づきぬらん」――自殺未遂―― | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 12 十六歳から十九歳 受戒 於戒壇院 / 十九の夢 二種  »

2013/04/12

栂尾明恵上人伝記 11 十三歳から十九歳 二つの夢記述

 十三歳より十九まで、金剛界の初行(しよぎやう)の期(き)に至るまで、毎日三度、高雄の金堂に入堂す。七ケ年の間退轉(たいてん)することなし。願ふ所は永く世間の榮華を捨てゝ、名利(みやうり)の覊鎖(きづな)にほだされず、必ず文殊の威神(いじん)に依つて如實(によじつ)の正智(しやうち)を得て、佛意(ぶつえ)の源底(げんてい)を極め、聖教(しやうけう)の深旨(しんし)を覺らんことを望む。然るに、世間に正しき知識もなし。誰(たれ)にか問ひ、何(いづ)れにか尋ねん。諸佛菩薩の加被(かび)に非ずんば、更に得べからざる處なりと思ひて、一心に佛力(ぶつりき)をたのみ仰ぐ。然る間常に種々奇特(きどく)不思議に覺えしことゞも有りき。

 

 或る夜の夢に、大高巖の上に奇麗(きれい)の灌頂堂(くわんぢやうだう)を立てゝ、師匠を受者(じゆしや)として、灌頂を授け奉ると見る。其の時は眞言師に成らんずることをも思はずして、祈請(きせい)の本意(ほんい)にも非ずと覺えき。惣(そう)じて、眞言師と云ふも、學生(がくしやう)と云ふも、誠に悟證(ごしやう)の分(ぶん)もなくて廣學(くわうがく)なるばかりは、浦山敷(うらやましく)も覺えず、唯佛(ほとけ)の出世(しゆつせ)の本意を悟り、佛法に於て、實(まこと)に佛心を得て、教(をしへ)の如くにつとめ修行せんことをのみ思ひき。

 

 或時の夢に、弘法大師、納凉房(のうりやうばう)の長押(なげし)を御枕(おんまくら)にして臥し給へり。其の二つの御眼(おんまなこ)水精(すいしやう)の玉(たま)の如くにして御枕もとにあり。是をたまはりて袖につゝみて持つと云ふことを見給ひき。

 

« 栂尾明恵上人伝記 10 十三歳 「今は早十三に成りぬ、既に年老いたり、死なんこと近づきぬらん」――自殺未遂―― | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 12 十六歳から十九歳 受戒 於戒壇院 / 十九の夢 二種  »