フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 仙人掌開花 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第九章 生殖の方法  一 雌雄異體 »

2013/05/30

栂尾明恵上人伝記 31 雨乞成功と民草の見た霊夢

 上人紀州に栖み給ひける夏、八十餘日に及ぶまで大旱魃(だいかんばつ)しけり。國々村々の田畠悉く燒け枯れて、萬民の歎き斜ならず。爰に上人哀しみに堪へずして、試みに大佛頂(だいぶつちやう)の法を修し給ふ。手づから自(みづか)ら二龍を圖して、一龍をば加持して海中に入れ、一龍をば壇上に安んじて祈誓を致し給ふ。二龍の銘に毘盧舍那(びるしやな)の大龍王と書き付け給ふ。是は毘盧舍那の一解脱の主たる大龍を請ずるに依つてなり。此の法三日を期限とし給ふ。其の間同法兩三をして、別譯の華嚴世主妙嚴品(けごんせしゆめうごんぼん)を轉讀せしむ。亦彼の法に依つて水を加持して、高山の峰に登りて是を灑(そゝ)ぎ給ふに、第三日の未の刻に至りて、雲一片彼の神谷(かみだに)の山寺の上に靉靆(たなびき)て、程なく大虛(おほぞら)に遍滿して、霹靂轟き、大雨降ること三日なり。萬民悦び合ふ事限り無し。其の近隣の里人多く夢に見けるは、上人の草菴の上より二龍空に登りて、一龍は水を天に灑ぎ、一龍は洪水を止め、田地を損ぜじとし給ふと見る由、申合ひにけり。此の二龍の圖加持の事、御弟子一兩輩の外更に知る人なし。各披露に及ばず。然るに此の如き夢想奇異不思議の事なり。
[やぶちゃん注:これはすこぶる興味深い。ここでのき夢記述は民が共時的に見た霊夢なのである。なお、「是は毘盧舍那の一解脱の主たる大龍を」の「る」は底本では植字ミスによって空欄になっているのを諸本で補った。]

 建暦二年〔壬申〕、摧邪輪(ざいじやりん)三卷之を作る。

 同三年〔癸酉〕六月莊嚴記(しやうごんき)一卷之を作る。

 建保三年〔甲戌〕三寶禮釋(さんばうらいしやく)一卷之を撰ぶ。又同(おなじく)功德義(くどくぎ)之を抄す。

 又同年、華嚴經十廻向の中に、菩薩五臟の中の心の臟をさきて衆生に施與(せよ)するとて、二十種の菩提心を列せり。其の中の四種の菩提心を左右に書きて能求(のうぐ)の心として、上に横に三寶の梵號(ぼんがう)を書きて本尊とす。必ず生々世々普賢大菩提心の行者として、三寶の値遇を遂げんが爲なり。委しくは三寶禮釋竝に功德義等に之を載せらる。尋ね見るべし。

« 仙人掌開花 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第九章 生殖の方法  一 雌雄異體 »