フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« (無題) 萩原朔太郎 (「竹」詩想篇) | トップページ | (無題) 萩原朔太郎 (未発表詩「祈禱」初期形) »

2013/05/07

穴 萩原朔太郎 (「竹」詩想篇)

 穴

 

かたい地面を掘つくり返して

そつくりあんずのきを植えつけた

穴の中に風ありかぢこんでゐる

《に》の中に風あり

ぐんぐんつきや

おれはまつ四角さきにきりふみこんだぎりぎり齒ぎりしをした

おれのあたまの上にかさなつた天

ぐんぐんふみつける

あのおれは死を血みどれの死體からどこまでも逃げてゆくのだ生きて居るのだ

みろああみろ、おれはいのちがけのおれの懺悔をするのだ

おれは血を吐きくちびるから

くさつた地べたへ血を吐きつけて

力いつぱいにのびあがつたふみつけた

おれのそのとき肩の上から

ぴんと光つた靑竹が生えた

おれは人さし指をとがらして

眞額からすつぱりと

{するどい光線の反流を畫いた}

{するどい光線の脈を畫いた}

{するどい靑竹の脈をきりつけた}

{靑竹の線脈をきりつけた}

 

[やぶちゃん注:底本の第三巻『未發表詩篇』(三〇四~三〇五頁)に載るもの。〈「竹」詩想〉篇の一つ。取り消し線は抹消を示し、その抹消部の中でも先立って推敲抹消された部分は下線附き取り消し線で示した。{ }で示したものは、

「するどい」の下に「光線の」と「靑竹の脈をきりつけた」が、

「光線の」の下に「反流」と「脈」が、

更に、その「するどい」以下の全体と「靑竹の線脈をきりつけた」が、

並置されていずれも残っているのを、私なりの方法で表現したものである(底本のような大丸括弧による行に渡る表示がブラウザでは面倒なためである)。以上の抹消部を除去し、明らかな意味の通じない誤植部分(「齒ぎりし」)を補正すると、

 

 穴

 

穴おれはぎりぎり齒ぎしりをした

おれのあたまの上にかさなつた天

ああみろ、おれはいのちがけの懺悔をするのだ

くさつた地べたへ血を吐きつけて

力いつぱいにふみつけた

そのとき肩の上から

ぴんと光つた靑竹が生えた

おれは人さし指をとがらして

眞額からすつぱりと

{するどい光線の反流を畫いた}

{するどい光線の脈を畫いた}

{するどい靑竹の脈をきりつけた}

{靑竹の線脈をきりつけた}

 

となる。底本校訂本文は「眞額」を「眞向」とするが、採らない。なお、底本には『本篇は「未發表詩篇草稿」の「祈禱」と関係あり。』とある。次でそれを示す。]

« (無題) 萩原朔太郎 (「竹」詩想篇) | トップページ | (無題) 萩原朔太郎 (未発表詩「祈禱」初期形) »