フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之七 漬物に聊手法有事 | トップページ | 海産生物古記録集■4 後藤梨春「随観写真」に表われたるボウズボヤ及びホヤ類の記載 »

2013/05/15

大和田建樹「散文韻文 雪月花」より「鎌倉の海」(明治二九(一八九六)年の鎌倉風景) 2

おのが生活は家こぞりて六人、みづから炊きみづから煮るをもてたのしみとす。平生魚のあたひしらざる主人も、濱にいでゝはいさきべらなどいふもの提げかへり、みづから庖刀とりてまないたに向ふ。鱗は逆にとび鰭は半ばちぎれたり。笑ふなよ是も社會の一進歩なるを。

沖の片帆にのこりたる夕日も、いつしか影ををさめて雲を染めたり。染められて立てる富士、忽ち紅に、忽ち紫に、忽ち黑く、忽ち薄く、遂に姿をかくして止みぬ。天女の額か造花の影か、抑も美の神の弄びけん筆か。

うしろの山は月になりぬ。數へ出ださるゝ松のひまより、黄金の盃はきらめきのぼりぬ。波ところどころ白く光りて、やうやうに銀をちらし、又黄金をちりばめゆく。

夜もふけぬ。月をふみて遠くあるけば、我かげあざやかに砂にあり。興に乘じてあくがるゝ人、我と影とのみならず、詩を吟ずる聲はかしこの岩の上にも起れり。

時としては朝霧を分けて山路にあそぶをりもあり。姉なる子は妹の手を引きて從ひ來りぬ。末の弟は父の肩を輿にしてにこにこといさむ。いざ花のあらんかぎり集めてみんといへば、姉と妹ははやおくれじと摘みはじめたり。螢草、野菊、蚊屋草などを始とし、名も知らぬ花さへ小さき手にあまりぬ。肩なる子のあれよあれよと指さすをみれば、岸のひたひに咲きほこる姫百合、のぞみは高けれど、とゞかぬをいかにせん。

[やぶちゃん注:「蚊屋草」単子葉植物綱カヤツリグサ目カヤツリグサ科カヤツリグサ属 Cyperus の一種を指していよう。中でもハマスゲ Cyperus rotundus が、名と言い、風情と言い、このシーンには相応しい気がする。ハマスゲは初夏から秋にかけて真っ直ぐな花茎を出して立ち、やや細くて深緑、強い照りを持つ。その先端に花序が付き、基部の苞は三枚ほどで長いものは花序より長いが、あまり目立たない。花序は一回だけ分枝する。小穂は線形で長さ一・五~三センチメートル程度で、互いにやや寄り合って数個ずつの束を作る。小穂の鱗片は血赤色で艶があるが、やや色が薄い場合もある(以上はウィキの「ハマスゲ」に拠る。但し、同記載には『乾燥に強く、日ざしの強い乾いた地によく成育する。砂浜にも出現し、名前もこれによるものであるが、実際には雑草として庭や道端で見かけることの方が多い』とあることを附言しておく)。

「岸の額」崖の突き出ている部分のこと。]

畑にいづれば、赤き毛を垂れたる玉蜀黍あり。綠の弓を掛けたる十六大角豆あり。此中道を急ぐとなしにうねりゆけば、穗にいでたる粟は頭うちたれて送り迎へす。

[やぶちゃん注:「十六大角豆」は「じゅうろくささげ」と読む。双子葉植物綱マメ目マメ科ササゲ属亜種ジュウロクササゲ Vigna unguiculata Var. sesquipedalis。参照したウィキの「ジュウロクササゲによれば、『かつては日本でも広く栽培されていたが、現在では愛知県と岐阜県を中心とした地域で生産されている。食されるのもこの地方が中心である。あいちの伝統野菜、飛騨・美濃伝統野菜である』とあり、『栽培を始めた時期は不明であるが、大正時代以前といわれている』ものの、実際に本格的に栽培され始めたのは昭和二〇年以降とする。和名は莢(さや)の中に豆が十六個あることによる。豆は熟すと赤褐色となる。草丈は二~四メートルで、高温や乾燥に強く、真夏に結実する。莢の長さは三〇~五〇センチメートルで、形はインゲンマメに似て細い(だから大和田は「綠の弓」と表現した)が、柔らかいのが特徴である。]

« 耳嚢 巻之七 漬物に聊手法有事 | トップページ | 海産生物古記録集■4 後藤梨春「随観写真」に表われたるボウズボヤ及びホヤ類の記載 »