フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之七 咳の藥の事 | トップページ | 自分を見失うと…… »

2013/05/16

大和田建樹「散文韻文 雪月花」より「鎌倉の海」(明治二九(一八九六)年の鎌倉風景) 3 / 本日閉店

本日は日曜に続き、文楽に参ればこそ早々に店仕舞いと致す。悪しからず。   店主敬白



けふは叔母さま東京よりをはすとて、子供ら朝はやくより起きてさわぐ。午後の滊車は待ちつる人をのせて停車塲につきぬ。やがてうちつれ鶴が岡にのぼる。今を盛の池の蓮は、かうばしき風を送りて、銀杏のもとにたゝずむ人を吹くもきよし。子供はあるじぶりして、こゝかしこをしへめぐりつゝ口々にいふ。叔母さま明日もおはせ、明後日までもおはせと。

一日小坪より山越して逗子に遊びし事もあり。坂つきて松の間より弓の如き入海を見おろしたるけしきは、又たぐふべきものをしらず。砂白く波きよき渚に添ひたる家のさまもおもしろきに、之を境として莚の如き靑田のうしろに廣がるあり。渚の方には貝ひろふ人蟻の如く、潮あむ人水馬の如し。かなたに山のそがれたるやうなるは鎧摺なるべし。それより右につゞきては葉山の村里より、森戸明神の松林までまがふべくもあらず。子供よあの松の右なるが、をとゞし休みて茶をのみたる處なるぞ。

[やぶちゃん注:「鐙摺」葉山町堀内にある鐙摺山。旗立山とも呼ぶ。NPO葉山まちづくり協会公式サイト「葉山地域資源MAP」の葉山文化財 58 旗立山(鐙摺山)によれば、伊豆蛭ヶ小島に配流されていた源家の嫡流頼朝が、治承元年(一一七七)、三浦微行(びこう)の折り、鐙摺山城に登る際に、馬の鐙(あぶみ)が地に摺れたのでこの名が付いたと言われる(この記載は蜂起以前のことととれる)。「源平盛衰記」では、『石橋山に旗上げした頼朝に呼応した三浦一族の三浦党は、この鐙摺の小浜の入江から援軍として出陣したとしている』。『この合戦で頼朝は敗走するが、三浦党も酒匂川畔まで行き、敗戦を聞き引き返す途中、小坪あたりで畠山重忠軍と遭遇したとき、お互いの誤解から合戦になるが、この時、鐙摺山城にいた三浦党の』惣領『三浦義澄はこの様子を望見し援軍を送ったが、和解が成立し、再び軍をこの鐙摺山城に引きかえした』。『鐙摺山城を旗立山(はたたてやま)と呼ぶのはこのためである』。また、「曽我物語」によれば、『伊豆伊東の豪族伊東祐親は、頼朝配流中は、頼朝の暗殺を図ったため、鐙摺山上で自刃、現在その僕養塔が山上に祀られている』。また、「吾妻鏡」によれば『頼朝の籠女亀(かめ)の前(まえ)が、小坪飯島』の伏見広綱の邸内『にかくまれていたのを、北條時政の妻牧(まき)の方(かた)に見つかり、牧の方はこれを頼朝の御台所政子に告げたため、憤激した政子は、牧の三郎宗親に命じて』広綱邸を破却させたが、『広綱はいち早く亀の前を大多和義久の鐙摺山城へ逃亡させ、事なきを得た』(この一件については引用元に脱文が認められるので私が補った)が、その後今度は頼朝が『鐙摺山城を訪れ、牧の三郎宗親を呼び「お前の主人はこの頼朝か政子か」と迫り、宗親の元結(もとゆい)を切った。このため、義父の北條時政は怒って伊豆へ引き揚げるという一幕もあった』。歌人佐佐木信綱によれば、建保五(一二一七)年に実朝が『この地に観月し、「大海の磯もとどろに寄する波 われてくだけてさけて散るかも」と詠んだと』する。現在、山上には三〇〇坪に『余る平坦があり、ここから見る景色は富士、箱根、江の島など、抜群である』とある。

「をとゞし休みて茶をのみたる處」「汐なれごろも」八月二十五の「逗子にて休みたる處は、入江を隔てゝ養神亭といふ旅館と相對し、風景やゝ晴れやかなるを肴にして、携へたる瓢箪を傾け握飯の包を打開く」で休憩した茶屋(私は柳屋旅館を候補に挙げた)である。森戸まで見えたとあるから長者園を指しているようにも見えるが、彼等はあの時ここで宿泊しているから違う。]

« 耳嚢 巻之七 咳の藥の事 | トップページ | 自分を見失うと…… »