フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 花をひらく立像 大手拓次 | トップページ | 大和田建樹「散文韻文 雪月花」より「汐なれごろも」(明治二七(一八九四)年及び二九(一八九六)年の鎌倉・江の島風景) 5 »

2013/05/12

夏帽子 萩原朔太郎

 夏帽子

 

 靑年の時は、だれでもつまらないことに熱情をもつものだ。

 その頃、地方の或る高等學校に居た私は、毎年初夏の季節になると、きまつて一つの熱情にとりつかれた。それは何でもないつまらぬことで、或る私の好きな夏帽子を、被つてみたいといふ願ひである。その好きな帽子といふのはパナマ帽でもなくタスカンでもなく、あの海老茶色のリボンを卷いた、一高の夏帽子だつたのだ。

 どうしてそんなにまで、あの學生帽子が好きだつたのか、自分ながらよく解らない。多分私は、その頃愛讀した森鷗外氏の『青年』や、夏目漱石氏の學生小説などから一高の學生たちを聯想し、それが初夏の靑葉の中で、上野の森などを散歩してゐる、彼等の夏帽子を表象させ、聯想心理に結合した爲であらう。

 とにかく私は、あの海老茶色のリボンを考へ、その書生帽子を思ふだけでも、ふしぎになつかしい獨逸の戲曲、アルトハイデンベルヒを聯想して、夏の靑葉にそよいでくる海の郷愁を感じたりした。

 その頃私の居た地方の高等學校では、眞紅色のリボンに二本の白線を入れた帽子を、一高に準じて制定して居た。私はそれが厭だつたので、白線の上に赤インキを塗りつけたり、眞紅色の上に紫繪具をこすつたりして、無理に一高の帽子に紛らして居た。だがたうとう、熱情が押へがたくなつて來たので、或夏の休暇に上京して、本郷の帽子屋から、一高の制定帽子を買つてしまつた。

 しかしそれを買つた後では、つまらない悔恨にくやまされた。そんなものを買つたところで、實際の一高生徒でもない自分が、まさかに氣恥しく、被つて歩くわけにも行かなかつたから。

 私は人の居ないところで、どこか内所に帽子を被り、鷗外博士の『靑年』やハイデンベルヒを聯想しつつ、自分がその主人公である如く、空想裡の悦樂に耽りたいと考へた。その強い欲情は、どうしても押へることができなかつた。そこで、或夏、七月の休暇になると同時に、ひそかに帽子を行李に入れて、日光の山奥にある中禪寺の避暑地へ行つた。もちろん宿屋は、湖畔のレーキホテルを選定した。それは私の空想裡に住む人物としても、當然選定さるべきの旅館であつた。

 或日私は、附近の小さな瀧を見ようとして、一人で夏の山道を登つて行つた。七月初旬の日光は、靑葉の葉影で明るくきらきらと輝やいて居た。

 私は宿を出る時から、思ひ切つて行李の中の帽子を被つて居た。こんな寂しい山道では、もちろんだれも見る人がなく、氣恥しい思ひなしに、勝手な空想に耽れると思つたからだ。夏の山道には、いろいろな白い花が咲いて居た。私は書生袴に帽子を被り、汗ばんだ皮膚を感じながら、それでも右の肩を高く怒らし、独逸學生の靑春氣質を表象する、あの浪漫的の豪壯を感じつつ歩いて居た。懷中には丸善で買つたばかりの、なつかしいハイネの詩集が這入つて居た。その詩集は索引の鉛筆で汚されて居り、所々に涸れた草花などが押されて居た。

 山道の行きつめた崖を曲つた時に、ふと私の前に歩いて行く、二個の明るいパラソルを見た。たしかに姉妹であるところの、美しく若い娘であつた。私は何の理由もなく、急に足がすくむやうな羞しさと、一人で居るきまりの惡るさを感じたので、歩調を早めながら、わざと彼等の方を見ないやうにし、特別にまた肩を怒らして追ひぬけた。どんな私の樣子からも、彼等に對して無関心で居ることを裝はふとして、無理な努力から固くなつて居た。そのくせ内心では、かうした人氣のない山道で、美しい娘等と道づれになり、一口でも言葉を交せられることの悦びを心に感じ、空想の有り得べき幸福の中でもぢもぢしながら。

 私は女等を追ひ越しながら、こんな絶好の場合に際して機會(チヤンス)を捕へなかつたことの愚を心に悔いた。

 だが丁度その時、遇然のうまい機會が来た。私が汗をぬぐはうとして、ハンケチで額の上をふいた時に、帽子が頭からすべり落ちた。それは輪のやうに轉がつて行つて、すぐ五六歩後から歩いて來る、女たちの足許に止まつた。若い方の娘が、すぐそれを拾つてくれた。彼女は羞ぢる樣子もなく、快活に私の方へ走つて來た。

『どうも……どうも、ありがたう。』

 私はどぎまぎしながら、やつと口の中で禮を言つた。そして急いで帽子を被り、逃げ出すやうにすたすたと歩き出した。宇宙が眞面に廻轉して、どうすれば好いか解らなかつた。ただ足だけが機械的に運動して、むやみに速足で前へ進んだ。

 だがすぐ後の方から、女の呼びかけてくる聲を聞いた。

『あの、おたづね致しますが……』

 それは姉の方の娘であつた。彼女はたしかに、私よりも一つ二つ年上に見え、怜悧な美しい瞳(め)をした女であつた。

『瀧の方へ行くのは、この道で好いのでせうか?』

 さう言つて慣れ慣れしく微笑した。

『はあ!』

私は窮屈に四角ばつて、兵隊のやうな返事をした。女は暫らく、ぢつと私の顔を眺めてゐたが、やがて世慣れた調子で話しかけた。

『失禮ですが、あなた一高のお方ですね?』

 私は一寸返事に困つた。

『いいえ』といふ否定の言葉が、直ちに瞬間に口に浮んだ。けれども次の瞬間には、帽子のことが頭に浮んで、どきりと冷汗を流してしまつた。私は考へる餘裕もなく、困亂して曖昧の返事をした。

『はあ!』

『すると貴方は……』

 女は浴せかけるやうに質問した。

『秋元子爵の御子息ですね。私よく知つて居ますわ。』

 私は今度こそ大さな聲で、はつきりと返事をした。

『いいえ。ちがひます。』

 けれども女は、尚疑ひ深さうに私を見つめた。或る理由の知れないはにかみと、不安な懸念とにせき立てられて、私は女づれを後に殘し、速足で先にずんずんと先に行つてしまつた。

 

 私がホテルに歸つた時、偶然にもその娘等が、隣室の客であることを發見した。彼等はその年老いた母と一緒に、三人で此所に來て居た。いろいろな反覆する機會からして、避けがたく私はその女づれと懇意になつた。遂には姉娘と私だけで、森の中を散歩するやうな仲にもなつた。その年上の女は、明らかに私に戀をして居た。彼女はいつも、私のことを『若樣』と呼んだ。

 私は最初、女の無邪氣な意地惡から、悪戲に言ふのだと思つたので、故意と勿體ぶつた樣子などして、さも貴族らしく返事をした。だが或る時、彼女は眞面目になつて話をした。ずつと前から、自分は一高の運動會やその他の機會で、秋元子爵の令息をよく知つてること。そして私こそ、たしかにその當人にちがひなく、どんなにしらばくれて隱してゐても、自分には解つてるといふことを、女の強い確信で主張した。

 その強い確信は、私のどんな辯駁でも、徹回させることができなかつた。しまひには仕方がなく、私の方でも好加減に、華族の息子としてふるまつて居た。

 最後の日が迫つて來た。

 かなかな蟬の鳴いてる森の小路で、夏の夕景を背に浴びながら、女はそつと私に近づき、胸の祕密を打ち明けようとする樣子が見えた。私はその長い前から、自分を僞つてゐる苦脳に耐へなくなつてた。自分は一高の生徒でもなく、況んや貴族の息子でもない。それに圖々しく制帽を被り、好い氣になつて『若樣』と呼ばれて居る。どんなに辯護して考へても、私は不良少年の典型であり、彼等と同じ行爲をしてゐるのである。

 私は悔恨に耐へなくなつた。そして一夜の中に行李を調へ、出發しようと考へた。

 翌朝早く、私は裏山へ一人で登つた。そこには夏草が繁つて居り、油蟬が木立に鳴いて居た、私は包から帽子を出し、雙手に握つてむしり切つた。

 麥藁のべりべりと裂ける音が、不思議に悲しく胸に迫つた。その海老茶色のリボンでさへも、地面の泥にまみれ、私の下駄に踏めつけられてゐた。

 

[やぶちゃん注:『若草』第五巻第七号・昭和四(一九二九)年七月号に掲載された。底本は筑摩書房版萩原朔太郎全集第八巻「隨筆」所収のものを用いたが、同巻巻末の校異に従って、校訂本文を初出形に復元した。従って、「内所に」「涸れた」「惡るさ」「裝はふとして」「遇然」「眞面」「ぢつと」「困亂」「先にずんずん先に」(初出では「ずんずん」の後半は踊り字「〱」であるが正字化した)「徹回」(「回」も「囘」ではない)「苦腦」「踏めつけられ」等は、総てママである。文中の太字は底本では傍点「ヽ」。なお、校異の最後には、本作は初出は総ルビであること(これは校訂本文自体がパラルビ化されているので復元不能である)と、作中で主人公が泊まる日光のホテル『「レーキホテル」は「レークサイド・ホテル」のことか。』という編者注が附されてある。

「その頃、地方の或る高等學校に居た私」底本全集第十五巻の年譜の明治四一(一九〇八)年の二十三歳(数え)の項の八月に、『一家で鹽原温泉へ行く。一人で日光へ廻り、中禪寺湖畔に泊る。』とある。同年譜によれば当時、朔太郎は熊本の第五高等学校の学生であったが、同年七月に第一学年を落第、同月中にに岡山の第六高等学校を受験合格しているが、五高の退学は九月八日附であるから、この時点ではまだ五高の学生ということになる(朔太郎は翌明治四二年に六高第一学年も落第、同年六、七月頃にはここも退学している)。

「アルトハイデンベルヒ」はドイツの小説家で劇作家のマイヤーフェルスター(Wilhelm Meyer-Frster 一八六二年~一九三四年)が、自身が書いた青春の甘美な感傷を綴った小説「カール・ハインリッヒ」を自ら脚色した戯曲「アルト・ハイデルベルク」。私はこれをパロッた太宰の「老ハイデルベルヒ」(ドイツ語の「アルト」“alt”は「老いた」)は読んだが、原作は怠惰にして知らない。梗概が株式会社旅行綜研公式サイト内のに詳しい。

「レーキホテル」全集の注は上記のように「レーキ」を朔太郎の誤記のように注しているが、現在もある「日光レークサイドホテル」の公式サイトの記載を見ると、明治二七(一八九四)年に故坂巻正太郎氏が「レーキサイドホテル」として創業したとあり、「レーキホテル」でいいのである。同記載によれば、本邦のリゾートホテルの歴史は明治六(一八七三)年に最初の洋式ホテルとして開業した日光金谷ホテル(金谷カティジイン)を濫觴とするが、この「レーキサイドホテル」はその後の開業になる箱根富士屋ホテル(一八七八年開業)や軽井沢万平ホテル(一八九四年開業)と並ぶ日本で最も歴史のあるホテルの一つで、当時は国際的観光地日光に訪れる外国人のための避暑地ホテルとして世界的にもその名を馳せていたとある。当時のここが超高級ホテルであり、そこに何日も逗留している二十三の学生という設定自体が既に『若樣』のお話であるということは認識しておかねばなるまい。

「秋元子爵」恐らくは外交官で貴族院議員であった子爵秋元興朝(あきもとおきとも 安政四(一八五七)年~大正六(一九一七)年)を指すものと思われる。以下、ウィキ秋元興朝を参考に事蹟を記しておく(華族が何をしたかなどということはこんな注でもしなければ調べることもなく、知りたくもないからである)。戸田忠至(宇都宮藩家老間瀬和三郎)次男、正室南部利剛の娘、宗子。継室は山内豊信の娘、八重子。明治四(一八七一)年に旧館林藩主秋元礼朝(ひろとも)の養子となり、同年、養父の隠居により家督を継いだ。明治一六(一八八三)年、外務省書記生としてフランスの在パリ公使館勤務となるが、間もなく職を辞して欧州各地を遊学、二年後に帰国した。この間、明治一七(一八八三)年に子爵が授けられている。明治二二(一八八九)年十月には北海道土地払下規則によって公爵三条実美(さねとみ 天保八(一八三七)年~明治二四(一八九一)年:彼はこの月に内閣総理大臣に就任している。)を中心に興朝ら華族組合で北海道庁の土地五万町歩の貸下げを申請、華族組合雨竜農場を創設している(米式の大農場経営による開墾を行ったが軌道に乗らず明治二四年に三条が没すると求心力を失って明治二六(一八九三)年に解散している)。外務官僚として明治二五(一八九二)年十二月より弁理公使、明治二八年三月には特命全権公使に昇進したが、健康が優れず、任地に赴かずに辞職した。明治三三(一九〇〇)年、伊藤博文が立憲政友会を結成するとこれに参加、東京支部長を務めた。本話のエピソードの翌年である明治四二(一九〇九)年には貴族院内に「談話会」を作って政友会の重鎮となる(このグループは貴族院院内会派の「茶話会」とともに貴族院内の有力会派となった)。東洋商業学校校長(明治四二年博文館刊「最近調査男子東京遊学案内」に校長と記載)。東京駿河台の邸宅のほかに旧領地館林にも別邸を持ち、同地の城沼の新田開墾事業などにも尽力した。娘光子の婿の徳山藩主毛利元功の三男春朝が遺蹟を継いだ。相撲道の発展にも寄与し、常陸山の後援会「常陸山会」の会長も務めた。]

« 花をひらく立像 大手拓次 | トップページ | 大和田建樹「散文韻文 雪月花」より「汐なれごろも」(明治二七(一八九四)年及び二九(一八九六)年の鎌倉・江の島風景) 5 »