フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ヒヤシンスの唄 大手拓次 | トップページ | 大和田建樹「散文韻文 雪月花」より「鎌倉の海」(明治二九(一八九六)年の鎌倉風景) 4~了  »

2013/05/17

何となく泣きたくなりて海へきてまた悲しみて海をのがるる 萩原朔太郎

何となく泣きたくなりて海へきて

また悲しみて海をのがるる

 

[やぶちゃん注:底本の「萩原朔太郎全集」第十五巻所収の「ソライロノハナ」の歌群「何處へ行く」の章の「その日頃」という下位歌群標題の巻頭の一首。「ソライロノハナ」のみに載る短歌。短歌を配した散文「二月の海」(一九一一年二月のクレジットを持つ)の掉尾に配された「平塚ノ海」の正真正銘最後に置かれた「ソライロノハナ」のみに載る短歌。しかもこの「平塚ノ海」は、エレナ(朔太郎の妹ワカの友人で本名馬場ナカ(仲子とも 明治二三(一八九〇)年~大正六(一九一七)年五月五日)。「エレナ」は彼女の後の洗礼名(受洗は大正三(一九一四)年五月十七日)。朔太郎が十六歳の頃に出逢い、十九で恋に落ちた。後、ナカは明治四二(一九〇九)年に高崎市の医師と結婚して二人の子も儲けたが、結核に罹患、転地療養の末に没した。この自選歌集「ソライロノハナ」を捧げたヒロインである。萩原朔太郎が生涯、永遠の聖少女として追い続けることとなるファム・ファータルである)を訪ねたが、既に彼女は一月前に亡くなっていた、その寂寥を叙景するものである(但し、ご覧の通り、ここには馬場ナカの死との大きなタイム・ラグが存在する。これについて不学な私は現在、読者を納得させるべき知見を持たない。同時に識者のご教授を乞うものである)。これは近い将来、全文を電子化したい。]

« ヒヤシンスの唄 大手拓次 | トップページ | 大和田建樹「散文韻文 雪月花」より「鎌倉の海」(明治二九(一八九六)年の鎌倉風景) 4~了  »