フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和田建樹「散文韻文 雪月花」より「汐なれごろも」(明治二七(一八九四)年及び二九(一八九六)年の鎌倉・江の島風景) 4 | トップページ | 鬼城句集 夏之部 日盛 »

2013/05/11

耳嚢 巻之七 市陰の外科の事

 市陰の外科の事

 

 或諸侯痙瘡(けいさう)を愁ひて、衆醫師其法を施せども驗(しるし)なし。或時夢に、吉永正庵といふを以(もつて)療治せば快驗(くわいげん)あるべしと夢見ぬ。おぼろげの事ながら、其名をも正しく覺(おぼえ)、是より東北の方と告(つげ)ある事なれば、若しやかゝる事あるまじきにもあらずと、家來手わけして所々聞合(ききあは)せ尋(たづね)しに、吉永正庵と言(いふ)者なし。或時、輕き者兩國邊を廻り、見せ物辻賣(つじうり)抔一見して歩行(ありき)しが、楊弓店(やうきゆうば)近所に筵(むしろ)を敷(しき)、賣藥致候(いたしさふらふ)者、其看板を見るに吉永正庵とありし故、住居等尋しに本所邊の裏住(うらずみ)のよし。然れども餘り賣藥躰(てい)の者友(とも)なひてゆかん如何(いかが)と、屋しきへ戻りかくかくと語りしゆへ主人えも告(つげ)けるに、素より夢を信んじての事なれば、左も有(ある)べしと、何歟(か)くるしからんと、呼(よべ)とありしより招きしに、彼(かの)者陰(いん)もつを見て品々早速療治すべしと、其藥を施しけるに、不思議に彼(かれ)吉永にて快驗を得たると也。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:特に感じさせない。根岸の好きな医事医薬関連に夢告譚を交えた都市伝説である。

・「市陰」は「しいん」と読み、「市隠」に同じ。官職に就かず、またはれっきとした生業を営まずに市井に隠れ住むこと、また、その人。

・「外科」は「耳嚢」にはしばしば出るが、外科(げか)のこと乍ら、読みは「ぐわいれう(がいりょう)」であるので注意。

・「痙瘡」岩波版長谷川氏注には『痙は筋がひきつること。何病か未詳』とあるのである。確かに「廣漢和辭典」にも、「痙」にはそれ以外の意味は示されていない。さて、ところが、この「痙瘡」という熟語でネット検索をかけるとかなりのヒットがある。ところが、それらを個々に見てゆくと、これはどうも、その多くは「痤瘡」(顔面に出来る点のような腫物)即ち、“acne”(アクネ)、面皰(にきび)の意で用いていることが判明した。しかし、「痙を愁ひて」「衆醫師其法を施せども驗なし」という部分を読むに、多発性のにきびの悪化したものという雰囲気よりも、遙かに重い感じを受ける。そこで今度はその「痤」の字義を見てみると、以下のような興味深い多様な意味持っていることが分かる(意味の一部は当該辞書以外に別に私が調べて補填してある)。

①はれもの。小さな腫瘍。

②ひぜん。ひぜんがさ。疥癬。

③ねぶと(根太)。かたね(固根)。癤(せつ:これは血管内に生じた腫瘤をいう場合もある。)。

④よう(癰)。背中や項(うなじ)などに発生する悪性の腫瘍。

この中で、本話の諸侯が罹患している病気の有力な候補として着目されるのは寧ろ、②以下なのである。

 まず、②では過角化型疥癬(ノルウェー疥癬)と呼ばれる疥癬の重症感染例が疑われる。何らかの原因で免疫力が低下している人にヒゼンダニが感染したときに発症し、通常の疥癬ならばせいぜい一患者当たりの保虫数は千個体程度であるものが、この症例では一〇〇万~二〇〇万個体に達し、患者の皮膚の摩擦を受けやすい部位には、汚く盛り上がり、牡蠣の殻のようになった角質が厚く付着するに至るのである。

 次の③は、大腿部や臀部などの脂肪の多い部分に出来る化膿性の痛みを伴う腫れ物を指す。私のように体質上、粉瘤(アテローム)が出来やすいタイプの人は、そこに細菌感染が起こって化膿し、しばしば熱と痛みを伴う粉瘤腫に悪化する(二十代の私の右腹部に出来たそれは化膿が真皮にまで達し、外科手術で摘出せねばならなかった)。

 最後の④は必ずしも癌とは限らない。所謂、性感染症の多くはリンパ節の腫脹を伴うのだが、私は本話のこの「痙瘡」という字を見た際、寧ろ、「頸」の「もがさ」(腫れと瘡蓋)を連想したため、実は最初にこれをイメージしたのであった。

 どれと断定は出来ないが、実は岩波のカリフォルニア大学バークレー校版では最後に『彼(かの)もの腫もつを見て』とあること(後述する)、②の過角化型疥癬は感染力(ヒゼンダニの接触感染による)が強いので、別に、お傍の者や家内の者への感染拡大の描写が付随するであろうと考えられるから除外するとして、

③アテロームが化膿して大きくなったもの(これは実体験からいうと結構痛む)

か、

④の性病類の一症状としての慢性的リンパ節腫脹の大きなもの

であろうと推定出来る。④の場合は大きくても必ずしも痛みを伴わないが、大きければ場所によっては外分も悪く、日常生活にも支障が出、「愁ひて」という描写も不自然ではない。

・「是より東北の方」で後に吉永正庵を発見するのが「兩國」、彼の住まいが「本所」となれば、この「東北」は当たっていなくては記載の意味がないから、この大名の上屋敷は、日本橋北・内神田・八丁堀・京橋・築地・鉄炮洲辺りにあったと考えられる。

・「友なひて」底本では「友」の右に『(伴)』と注する。

・「彼者陰もつを見て」岩波のカリフォルニア大学バークレー校版では『彼(かの)もの腫もつを見て』。こちらの方が意味が腑に落ちる。これで採る。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 市井に隠れた外科医の事

 

 ある大名、腫脹を伴う「痙瘡(けいそう)」と呼ばれる厄介な病いを患って困憊なされ、何人もの医師がそれぞれのよしとする療法を施術致いたけれども、これ、効果が全く御座らなんだ。

 そんなある夜のこと、患者御当人が、

~吉永正庵と申す者を以って療治致さば……これ……快癒するであろう……~

と何者かののたまう夢を見られた。

 夢の内の朧げのことながらも、翌朝、目覚められた後も、その

――吉永正庵――

と申す名をも正しく覚えておられた。しかも、

~……この者……これより東北の方に……あり……~

と、お告げのうちに妙に具体な事柄のあったことも、ここで思い出されたによって、

「……もしや……このような不可思議なること……これ……全くあり得ぬということも……これ、あるまい……」

と、命令一下、家来の者どもは手分けして方々(ほうぼう)聴き込みに回ったものの、これ、吉永正庵と申す者、どこにも、御座らんだ。……

 それからほどなくした、ある日のことで御座った。

 家中の、身分の低いさる者、非番なればとて両国辺りを廻(めぐ)って、見せ物や辻売りなんどを冷やかしてそぞろ歩き致いて御座ったが、ふと、さる行きつけの矢場(やば)の近所で、筵(むしろ)を敷いて、売薬なんどを致しておる者を見かけたによって、その看板を見てみたところが、そこには

――吉永正庵――

と書かれてあったによって吃驚仰天、ともかくもと、住居なんど訊ねたところ、本所辺りの裏店住(うらだなずま)いの由。

 かの者、しかし、

『……あそこは貧乏長屋で知られた辺りじゃ……それに、このあまりに賤しき田舎回りと思しい、薬売りの風体(ふうてい)にては……これ、直ちに伴(ともの)うて連れ帰るというも……如何なものか……』

と、その場は別れて、屋敷へととって返し、かくかくしかじかと語って御座った。

 されば、家人、このことをすぐに主人(あるじ)へ告げたところ、もとより、先の探索も己れの夢のお告げを信じて命じたことで御座ったればこそ、

「……やはりそうであったかッ!……両国本所は確かに東北じゃ!……何か、苦しきことのあろう! 今直ぐに、呼べッ!」

と命ぜられたによって、直ちに招いたところが、かの者、その腫れ物を見るや、

「――思い当る種々の施法、これ、御座いますれば、早速に療治を始めましょうぞ。」

と申し、その調合致いた薬の処方を受けたところが、不思議に、みるみるうちに軽快なされ、この吉永なる人物の施術によって全快をみた、とのことで御座った。

« 大和田建樹「散文韻文 雪月花」より「汐なれごろも」(明治二七(一八九四)年及び二九(一八九六)年の鎌倉・江の島風景) 4 | トップページ | 鬼城句集 夏之部 日盛 »