フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大橋左狂「現在の鎌倉」 8 江の島の電車 | トップページ | 耳嚢 巻之七 老僕奇談の事 »

2013/06/02

栂尾明恵上人伝記 33 山中のたった独りの涅槃会

 同三年〔乙亥〕二月十五日、殊に志を勵まして涅槃會を栂尾に於いて行ひ給へり。昔時(そのかみ)山林深谷に跡をくらまし給ひし時も、山中の樹を莊(かざ)りて菩提樹と號し、瓦石(ぐわせき)を重ねて金剛座とす。至れる所を道場として西天(さいてん)今夜の風儀(ふうぎ)を寫し、終夜佛號を唱へて雙林拔提河(さうりんばつだいが)の景氣を學ぶ。菩提樹と號する木の下に石を重ね積みて、其の上に一丈許なる率都婆(そとば)を立てゝ、上人自ら南無摩竭提國(なむまかだこく)・伽耶城邊(かやじやうへん)・菩提樹下(ぼだいじゆげ)・成佛寶塔(じやうぶつはうたふ)と書き給ふ。更に其の前に木の葉を重ねて、講經説法の座とす。彼の西天菩提樹下の今夜の儀式を聞くに、國王・王子・群臣・黎庶(れいしよ)、覺樹(かくじゆ)枯衰を見るに、終夜悲戀に堪へずして、各々蘇合(そがふ)・油香(ゆかう)・香乳(かうにう)を灑(そゝ)ぐらん有樣、哀(あはれ)に悲き儀を想像して、泣く泣く水を以て樹下に洒(そゝ)ぎ、供養を述ぶ。哀れなるかな、其儀式淺きに似たりといへども、併(しかしなが)ら戀慕悲歎の志より起れり。上人自ら四卷式を草し給へり。今世間に流布して多く之を用ふ。
[やぶちゃん注:「同三年」建保三(一二一五)年。明恵、満四二歳。]

« 大橋左狂「現在の鎌倉」 8 江の島の電車 | トップページ | 耳嚢 巻之七 老僕奇談の事 »