フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 雜草の脣 大手拓次 | トップページ | ブログ470000アクセス記念 萩原朔太郎「斷橋の嘆――芥川龍之介氏の死と新興文壇――」 »

2013/06/02

敷島の日本の國に人二人ありとし思はば何か嘆かむ 萩原朔太郎 (評釈)

敷島の日本(やまと)の國に人二人ありとし思はば何か嘆かむ

 世界の中にただ二人、君と我とが愛し合つてる。人生の憂苦何するものぞ。我等尚戰はん! 戀愛歌としてこれほど力強く、感情の高調した表現は外にない。萬葉集戀歌の壓卷である。

[やぶちゃん注:昭和六(一九三一)年第一書房刊「恋愛名歌集」より。一般に「思はば」は「もはば」と詠む。当該歌は「万葉集」の巻第十三の三二四九番歌で、前の三二四八番歌とともに(引用は中西進氏の講談社文庫版を正字化して示した)、

   相聞

磯城島(しきしま)の 日本の國に 人多(さは)に 滿ちてあれども 藤波の 思ひ纏(まつ)はり 若草の 思ひつきにし 君が目に 戀ひや明かさむ 長きこの夜を

    反歌

磯城島の日本の國に人二人ありとし思(も)はば何か嘆かむ

同巻「相聞」の冒頭に配されてある。
 但し、私はこの朔太郎の解は誤読を招く虞があるように思われる。この反歌の意は、「世界は二人のために」と甘く囁く、どこぞの古い脳天気な歌謡曲なんどとは全く訳が違うのである(私はあの糞甘ったるい歌がすこぶる附きで大嫌いである)。これは修辞的にも明白な反実仮想の技法であって――この世に、恋しい人が二人いるとしたら、一体、何を歎く必要があるであろう、その、必要はあるまい……しかし、私が恋する相手は、あなた一人しかこの世にはいないのだ――というのである。老婆心ながら附記しておく。]

« 雜草の脣 大手拓次 | トップページ | ブログ470000アクセス記念 萩原朔太郎「斷橋の嘆――芥川龍之介氏の死と新興文壇――」 »