フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之七 銕物の疵妙藥の事 | トップページ | 大橋左狂「現在の鎌倉」 16 本覚寺から大町・材木座辺り »

2013/06/20

栂尾明恵上人伝記 39 浪の上(へ)に咲(ゑみ)を含みし顏(かん)ばせを想像(おもひや)るにも袖はぬれけり

 元仁二年〔乙酉〕佛生會(ぶつしやうゑ)の式之を草す。

 此の山寺の後に三町計り去つて、一の峰を卜(し)めて楞伽山(りようがせん)と名づく。楞伽山と云ふは羅婆那夜叉王(らばなやしやわう)の住處(じゆうしよ)、南海の島なり。得通(とくつう)の人にあらざれば登ることなし。如來此の島にして五法。三性(じやう)・八識・二無我の法門を説き給ひき。愚身天性(ぐしんてんしやう)の受くる處、山水に馴れて人事に疎し。之に依りて、此の峰閑寂の地たるに依りて、常に此の處に栖む。如來説法の處其の數多き中に、殊に此の名を付くる故は、諸經の序品は何れも皆如來説法の儀式なれば、是を聞くごとに滅後の悲しみを休めずと云ふ事なし。此の中に楞伽經の序品を開くに、如來在世の粧(よそほひ)殊に目近き心地す。大海龍王宮の中にして七日の説法終りし時、無量の大菩薩・大比丘竝に釋・梵・諸天・龍神共に、龍宮を出て、南海楞伽山の麓に出で給ふ。羅婆那夜叉無量の眷屬と共に華宮殿(けぐうでん)に乘じて、無量の伎樂歌詠を(ぎがくかえい)を調べて、山頂より下りて如來を請じ奉る。如來大衆又華宮殿に乘じて、無量の伎樂を調べて、山頂に登り給ひき。夜叉も眷屬も又華宮殿に華殿の 數を重ねて、虛空の中に充滿せり。思惟の處に滅後の恨を休めつべし。仍て此の山に二宇 の草庵を結びて、上をば華宮殿(けくうでん)と名づけ、下をば羅婆坊(らばばう)と號す。華宮殿にしては一向(ひたすら)に坐禪をし、羅婆坊にしては三時の行法を勤む。華宮殿の形を見ては、八萬億の莊嚴(しやうごん)の功德を念じ、羅婆坊の名を聞きては、見佛聞法(けんぶつもんぱふ)の有緣(うゑん)を羨めり。又爰に經文を開くに、哀れになつかしきことあり。爾時(そのとき)に世尊遙に楞伽山の上を見上げ給ひて、金山の面に咲(ゑみ)を含み給ふと説けり。此の經は如來内證智(によらいないしようち)の法門なれば、所表所詮(しよひゃうしよせん)皆大乘甚深の妙理なれば、在世の昔戀しくて、
  浪の上に咲を含みし顏ばせを想像(おもひや)るにも袖はぬれけり

 極月(ごくげつ)十日餘の夜、天曇り、月暗きに、上の坊に入りぬ。漸く半夜に至りて、出定(しゆつぢやう)の後、下の坊へ歸るに、空晴れ月さやかにて、松風たくいてわりなきに、
  心月(しんげつ)の澄むに無明(むみやう)の雲晴れて解脱の門(かど)に松風ぞ吹く

« 耳嚢 巻之七 銕物の疵妙藥の事 | トップページ | 大橋左狂「現在の鎌倉」 16 本覚寺から大町・材木座辺り »