フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 市街之圖 萩原朔太郎 (版画2タイプ掲示) | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 35 »

2013/06/05

時計臺之圖 萩原朔太郎 (版画2タイプ掲示)


Tokeidai1
Tokeidai2
        時計臺之圖

 

 永遠の孤獨の中に悲しみながら、冬の日の長い時をうつてる時計臺―。避雷針は空に向つて泣いて居るし、街路樹は針のやうに霜枯れて寂しがつてる。見れば大時計の古ぼけた指盤の向うで、冬のさびしい海景が泣きわびて居るではないか。

 

[やぶちゃん注:昭和一一(一九三六)年版畫莊刊「定本靑猫」より。「時計臺之圖」は厳密には詩題ではなく、版画のキャプションで、絵の下中央に右から左へ記されてあり、詩はその下に縦書されている。提示した版画画像は最初の薄く摺りなしたものが、

●新潮社昭和四一(一九六六)年刊「日本詩人全集14 萩原朔太郎」所収の「時計臺之圖」

で、二番目の摺りの極めて濃いものが、底本とした

●筑摩書房昭和五一(一九七六)年刊「萩原朔太郎全集 第二卷」所収の「時計臺之圖」

である。摺りによって甚だしく印象が極端に異なるので二種ともに掲げた。

 当該の図と散文詩は、底本の「定本靑猫」では親本と同位置である、詩「大井町」と「吉原」の間に配されいる。参考までにそれぞれの詩を示す。

 

 大井町

 

おれは泥靴を曳きずりながら

ネギや ハキダメのごたごたする

運命の露路をよろけあるいた。

ああ 奧さん! 長屋の上品な嬶(かかあ)ども

そこのきたない煉瓦の窓から

乞食のうす黑いしやつぽの上に

鼠の尻尾でも投げつけてやれ。

それから構内の石炭がらを運んできて

部屋中いつぱい やけに煤煙でくすぼらせろ。

そろそろ夕景が薄(せま)つてきて

あつちこつちの屋根の上に

亭主のしやべるが光り出した。

へんに紙屑がぺらぺらして

かなしい日光の射してるところへ

餓鬼共のヒネびた聲がするではないか。

おれは空腹になりきつちやつて

そいつがバカに悲しくきこえ

大井町織物工場の暗い軒から

わあツ! と言つて飛び出しちやつた。

 

[やぶちゃん注:ここに「市街之圖」。]

 

 吉原

 

高い板塀の中にかこまれてゐる

うすぐらい陰氣な區域だ。

それでも空地に溝がながれて

木が生え

白き石炭酸の臭ひはぷんぷんたり。

吉原!

土堤ばたに死んでる蛙のやうに

白く腹を出してる遊廓地帶だ。

 

かなしい板塀の圍ひの中で

おれの色女が泣いてる聲をきいた

夜つぴとへだ。

それから消化不良のうどんを食つて

煤けた電氣の下に寢そべつてゐた。

「また來てくんろよう!」

 

曇つた絶望の天氣の日でも

女郎屋の看板に寫眞が出てゐる。

 

太字「しやべる」は底本では傍点「ヽ」。]

« 市街之圖 萩原朔太郎 (版画2タイプ掲示) | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 35 »