フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 海港之圖 萩原朔太郎 (版画2タイプ掲示) | トップページ | 時計臺之圖 萩原朔太郎 (版画2タイプ掲示) »

2013/06/05

市街之圖 萩原朔太郎 (版画2タイプ掲示)

Sigai1
Sigai2_2

             市街之圖

散歩者のうろうろと歩いてゐる
十八世紀頃の物わびしい裏町の通があるではないか
靑や 赤や 黄色の旗がびらびらして
むかしの出窓にブリキの帽子が竝んでゐる。
どうしてこんな 情感の深い市街があるのだらう。
         ――荒寥地方――

[やぶちゃん注:昭和一一(一九三六)年版畫莊刊「定本靑猫」より。「市街之圖」は厳密には詩題ではなく、版画のキャプションで、絵の下中央に右から左へ記されてあり、詩はその下に縦書されている。提示した版画画像は最初の薄く摺りなしたものが、
●新潮社昭和四一(一九六六)年刊「日本詩人全集14 萩原朔太郎」所収の「市街之圖」
で、二番目の摺りの極めて濃いものが、底本とした
●筑摩書房昭和五一(一九七六)年刊「萩原朔太郎全集 第二卷」所収の「市街之圖」
である。摺りによって甚だしく印象が極端に異なるので二種ともに掲げた。
 当該の図と散文詩は、底本の「定本靑猫」では親本と同位置である、詩「艶めかしい墓場」と「くずれる肉體」の間に配されいる。参考までにそれぞれの詩を示す。

 艶めかしい墓場

風は柳を吹いてゐます
どこにこんな薄暗い墓地の景色があるのだらう。
なめくぢは垣根を這ひあがり
見はらしの方から生(なま)あつたかい潮みづがにほつてくる
どうして貴女(あなた)はここに來たの?
やさしい 靑ざめた 草のやうにふしぎな影よ。
貴女は貝でもない 雉でもない 猫でもない
さうしてさびしげなる亡靈よ!
貴女のさまよふからだの影から
まづしい漁村の裏通りで 魚のくさつた臭ひがする。
その腸(はらわた)は日にとけてどろどろと生臭く
かなしく せつなく ほんとにたへがたい哀傷のにほひである。
ああ この春夜のやうになまぬるく
べにいろのあでやかな着物をきてさまよふひとよ
妹のやうにやさしいひとよ。
それは墓場の月でもない 燐でもない 影でもない 眞理でもない
さうしてただ なんといふ悲しさだらう。
かうして私の生命(いのち)や肉體はくさつてゆき
「虛無」のおぼろげな景色のかげで
艶めかしくも ねばねばとしなだれて居るのですよ。

[やぶちゃん注:ここに「市街之圖」。]

 くづれる肉體

蝙蝠のむらがつてゐる野原の中で
わたしはくづれてゆく肉體の柱(はしら)をながめた。
それは宵闇にさびしくふるへて
影にそよぐ死(しに)びと草(ぐさ)のやうになまぐさく
ぞろぞろと蛆蟲の這ふ腐肉のやうに醜くかつた。
ああこの影を曳く景色のなかで
わたしの靈魂はむずがゆい恐怖をつかむ
それは港からきた船のやうに 遠く亡靈のゐる島島を渡つてきた。
それは風でもない 雨でもない
そのすべては愛欲のなやみにまつはる暗い恐れだ。
さうして蛇つかひの吹く鈍い音色に
わたしのくづれてゆく影がさびしく泣いた。

「死びと草」「なまぐさく」とあるから恐らくドクダミと思われる。シビトグサの異名を持つものとしては他にヒガンバナがある。
 私は中学時代、この末尾の「荒寥地方」という言葉の響きと「寥」という見慣れぬ奇体な漢字に、当時私がいた、北陸の冬の海の響きを感じて、異様な偏愛感を抱いていた。今も私は「荒寥地方」という絶対零度の反響が好きである。]

« 海港之圖 萩原朔太郎 (版画2タイプ掲示) | トップページ | 時計臺之圖 萩原朔太郎 (版画2タイプ掲示) »