フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 時計臺之圖 萩原朔太郎 (版画2タイプ掲示) | トップページ | 幻想文学ベスト3夢 »

2013/06/05

栂尾明恵上人伝記 35

 同六年〔戌寅〕秋、聊か喧譁(かまびすし)き事有るにより、栂尾より賀茂(かも)の神山(かみやま)に移り給ふ。塔(たふ)の尾(を)の麓に四五間の庵室を結び、經藏一宇を立て、神主能久(よしひさ)之を施與(せよ)し奉る。是に暫く住み給ひけり。或人の許より、栂尾を住み捨て給ふ事なんど、歎き訪ひ申したりしかば、
  浮雲は所定めぬ物なればあらき風をもなにかいとはん
此の處をば佛光山(ぶつくわうざん)と名つけ給ひける。爰に一年計り栖み給ひて、同法達(どうばうだち)を留守に置き、又栂尾へ歸り給ふ。
[やぶちゃん注:「同六年」建保六(一二一八)年。満四十五歳。
「賀茂の神山」上賀茂神社(正式には賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ))の真北の後背地にある、現在は神山(こうやま)と呼称される上賀茂神社の神体山(しんたいさん)。かつては「かもやま」と読んだという。現在の北区柊野(ひらぎの)にあって標高は三〇一・五メートル。上賀茂神社の祭神賀茂別雷命が降臨した山とされ、頂上に降臨石と名付けられた岩塊が残存する。歌枕。
「塔の尾」岩波版「明恵上人集」の諸注を勘案すると、この神山の近くにあった尾根かピークの名らしい。
「神主能久」賀茂能久(承安元(一一七一)年~貞応二(一二二三)年)賀茂別雷神社の神主。権禰宜から建保二(一二一四)年に神主職となった。後鳥羽上皇の近臣で、後の承久の乱では幕府軍と戦って六波羅に捕縛され、太宰府に流罪となってそこで没した(講談社「日本人名大辞典」に拠る)。]

 承久二年の比、石水院にして重て菩薩戒を興行(こうぎやう)して、香象の梵網の疏を談ず。毎日、諸衆集會(しふゑ)の次(ついで)でを以て、梵網の戒本・十重の文竝に四十八輕戒の内四五戒を副(そ)へ講ずる事數遍なり。其の間、或る時は瑞光を現じ、或る時は梵僧來る。或るは夢に數十人の梵僧、説戒の時刻を待つて天井の上に集會して向ひ給ふと見る。又大聖文殊(だいしやうもんじゆ)現じて、持戒淸淨(ぢかいしやうじやう)の印明(いんみやう)を授け奉り給ふ。彼の山に今に相承せり。
[やぶちゃん注:「或るは夢に」日常の秘蹟の中に、何の違和感もなく夢(無論、明恵の夢である)の中の出来事が並列して書かれる辺り、流石は夢記(ゆめのき)の明恵上人の伝記である、という気がして面白い。
 以下の一段は底本では全体が二字下げの注のような感じで、平泉洸全訳注「明惠上人伝記」の訳文では頭に『(後補)』とある。]
大聖文殊影現の事紀州白上峰(しらがみみね)に於てなり。今に彼の遺跡に文殊影嚮(もんじゆやうかう)と號する松あるなり云々

« 時計臺之圖 萩原朔太郎 (版画2タイプ掲示) | トップページ | 幻想文学ベスト3夢 »