フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大橋左狂「現在の鎌倉」 18 長谷の大佛 | トップページ | 耳嚢 巻之七 蕎麥は冷物といふ事 »

2013/06/23

栂尾明恵上人伝記 41 峰の嵐に諸一切種と上げたれば谷より告ぐる入逢の鐘

 或る日、華宮殿の緣の畔に經行(きんひん)するに、三密の行法一理の坐禪、共に皆佛法の玄底(げんてい)なり。人と齊(ひと)しからずとも、志の行く處人界の思ひ出でと覺ゆるに、我が大師釋尊染汚(ぜんま)・不染汚(ふぜんま)二種の無知を斷じて、衆生の爲に如理(により)の正法を授けて生死の泥(でい)を出し給ふ。三德圓滿の功德有便(いみじく)思ひ知らるゝ次(ついで)に、昔稚(をさな)かりし時暗に誦せし倶舍頭(ぐしやじゆ)の始に、如來の智・斷・恩の三德を説けるを、晝夜其の文を誦し其の義を學びて、今此の大乘甚深の妙門に入るまで年を積ること哀(あはれ)に覺えて、次に、諸一切種諸冥滅と上げたれば、高くかけつくりたる谷より、入逢(いりあひ)の鐘の聲とりあへず聞ゆれば
  峰の嵐に諸一切種と上げたれば谷より告ぐる入逢の鐘

 後日に人語りて云はく、爲兼卿此の歌を讚(ほめ)て云はく、是こそうるはしき歌にてあれ。歌の手本にすべし。先賢もかく讀めとこそ教へ給ひしか。當世よりすぢりたる物は、皆本意を失へりと嘆き給ひけり。
[やぶちゃん注:「當世よりすぢりたる物」「すぢる」は「筋る」(名詞「筋」の動詞化)で体を捩じり、くねらせる、の意で、昨今のやたらと捻くり回したような和歌は、の意である。]

« 大橋左狂「現在の鎌倉」 18 長谷の大佛 | トップページ | 耳嚢 巻之七 蕎麥は冷物といふ事 »