フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介「河童」決定稿原稿 五 初出の誤りを続々発見 | トップページ | ベルガモツトの香料 大手拓次 »

2013/06/14

鬼城句集 夏之部 蚊帳

蚊帳    高く吊つて蚊帳新しき折目かな

      蚊帳の中に親いまは亡し月あがる

       悼吾雲兄愛兒

      枕蚊帳の翠微に魂のかへり來よ

[やぶちゃん注:「吾雲」『浦野芳雄の「創作の森」守る会』の俳人「浦野芳雄のプロフィールに、大正元(一九一二)年三月に群馬県立高崎中学校を卒業、同四年には中学校の恩師村上成之(俳号蛃魚(へいぎょ))『及び村上鬼城、岩瀬吾雲の三氏と共に紫苑会に拠り、のち同一三年三月『村上成之氏が高崎中学を辞任するに当たり、村上鬼城と蝌蚪(かと=おたまじゃくし)の会、のちに五日会を起こし、鬼城氏の死去する昭和』一三(一九三八)『年に至るまで句作、俳論等を続ける』という中に現われる俳人の知音であろう。「枕蚊帳」は子供の枕元を覆うのに用いる小さな蚊帳のこと。「翠微」は音読みで「すいび」、「大辞泉」によれば、①薄緑色にみえる山のようす。また、遠方に青くかすむ山。例文「目睫の間に迫る雨後の山の翠微を眺めていた」(徳田秋声「縮図」より)。②山の中腹。八合目あたりのところ。例文「麓に細き流れを渡りて、翠微に登る事三曲二百歩にして」(芭蕉「幻住庵記」)とある。この場合は、特異的に死児の顔に添えられた枕蚊帳の青緑色のそれを、山に擬えたものであろう。]

個人的に僕は、この三句ともに非常に好きである。

« 芥川龍之介「河童」決定稿原稿 五 初出の誤りを続々発見 | トップページ | ベルガモツトの香料 大手拓次 »