フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« Wistaria の香料 大手拓次 | トップページ | 憐れみ讚ふるの歌 17首 中島敦 »

2013/06/21

純粹詩としての新古今集 萩原朔太郎

 純粹詩としての新古今集

 

 幾夜われ浪にしをれて貴船川袖に玉散る物思ふらむ  (新古今集藤原良經)

 しるべせよ跡なき浪に漕ぐ舟の行方も知らぬ八重の汐風  (新古今集 式子内親王)

 

 新古今集の歌の美しさこそ、東西古今の抒情詩中で、この世のたぐひなきものであらう。ここにはあらゆる文化人が思念する詩歌のフオルムの、絶頂的最高峰に行き盡したものがある。それは「詩」といふ文學の中から、そのすべての文學的素材を除去して、言葉を純粹の音樂に代へてしまつたのである。ゲーテは音樂についてかう述べてゐる。「藝術の品位は、音樂に於ておそらく最も高貴に現れてゐる。その故は、音樂には取除かねばならぬやうな素材がないからである。音樂は全く形式と内容だけで、その表現する一切のものを氣高くする。」

 ところで西洋近代の詩人たちは、抒情詩からその文學的素材を除去して、詩を純粹形式の音樂にすることをイデーした。これが即ちヴアレリイ等の言ふ「純粹詩」である。純粹詩こそは、おそらく詩の文化的高峰に咲く理念であらう。だがその花の開花は、季節の好き日を待たねばならぬ。それは或る特殊の文化が熟爛して、内容の意味と素朴を失ひ、その空虛に美しい形骸のままで、正に地に落ちて凋落しようとする秋の、悲しいデカダンスの季節にのみ、最後の返り花を咲かせるのである。

 外國では、現代佛蘭西が正にさういふ季節にある。そして本朝日本に於ては、後鳥羽院の院政された王朝末期の沒落期が、正にさうした文化の熟爛したデカダンスの季節であつた。そして新古今集が、丁度さういふ時期に生れたのである。それは八代集最後の歌集で、萬葉以來徐々に進歩し變化した、日本の歌の最後の登りつめた最高頂に立つものだつた。新古今集を限りとして、事實日本の美しい歌は、歴史的に亡び失はれてしまつたのである。

 新古今集では、音樂に於ける如く、内容と形式とが、全く一の不離のものになつてるのである。そこでは文學に於ける如き意味での、素材といふものが殆んど無い。すべての素材は取り除かれてゐる。有るものはただ「形式」と「内容」だけである。しかもその内容は、それ自身が既に形式なのであるから、これこそ徹底的フオルマリズムの抒情詩と言ひ得るだらう。

 いかに讀者は、貴船川の歌の美しさを表現し得るか。「八重の汐風」の歌が調べる音樂の悲しさは、何に譬へやうもなくリリカルである。しかもその悲しさと美しさは、これを思想に表現することの言葉を持たない。なぜなら此等の詩には、普通に言ふやうな概念での、「意味」といふものが無いからである。文學上に言はれる「意味」といふことは、すべて皆「素材」に屬してゐる。然るに此等の歌には、初めから素材が除去されてゐるのであるから、したがつて、また意味があり得ないのである。「意味の無い詩こそ、この世で最上の詩である。」とヴアレリイが言ふことの眞理は、僕等日本人にとつては、新古今の歌をよんでのみ、初めて理解できるのである。なぜならこの場合に言はれる無意味といふことは、詩の形式(音樂)が、それ自身として奏するところのリリツクであり、それこそが實の内容なのであるから。

 

  有馬山ゐなの笹原風吹けばいでそよ人を忘れやはする

 

 芥川龍之介をして、日本抒情詩中の絶唱であり、近代佛蘭西詩にもまさる美學的な詩だと言はせたこの歌は、しかし我等の古典中には、決して稀らしいものではない。

 我等の日本人は、過去にすべての美しい物を所有してゐた。今日二十世紀の紅毛人が、十九世紀の遺産を經て漸く到達し得た最後の美學と抒情詩とを、遠く既に十一世紀に所有してゐた。我等の詩人は、どんなに誇張して世界に誇つても、尚未だ及ばないことを恐れるのである。

 

[やぶちゃん注:『文藝世紀』第一巻第四号・昭和一四(一九三九)年十二月号に掲載され、後に、一部改されてエッセイ集「歸郷者」(昭和一五年十月白水社刊)に所収された。「歸郷者」では、「有馬山」の和歌の「ゐな」が「いな」となっているが、改訂本文に従った。さて実は、この「後拾遺和歌集」の「恋」に載り、「百人一首」の第五十八番歌でもある大弐三位の和歌を、『日本抒情詩中の絶唱であり、近代佛蘭西詩にもまさる美學的な詩だ』と絶賛している芥川龍之介の文章が、これ、何であるか、奇妙に探しあぐねて甚だ氣持ちが悪い。是非とも識者の御教授を乞うものである。

« Wistaria の香料 大手拓次 | トップページ | 憐れみ讚ふるの歌 17首 中島敦 »