フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栂尾明恵上人伝記 36 小賢しい連中が世にみちみちて心を養う人はもういない…… | トップページ | 本日閉店 (附 僕が「会う」と書かず「逢う」と書く理由) »

2013/06/08

大橋左狂「現在の鎌倉」 13 建長寺

 建長寺 北條時賴の建立で宋の大覺禪師の開山である。圓覺寺と相倂んで鎌倉時代に於ける新佛教禪宗の創立地である。寺域五千二百餘坪總門を入りて建長興國禪寺と題せる額高く聳ゆる山門を通れば、玆には佛殿がある。佛殿格天井の群鳥畫は狩野法眼の筆、欄間の天女は左甚五郎の名作彫刻物である。時賴公自作の自己の衣冠束帶の木像もある。之れは同寺の國寶となつて居る。殿の左倉庫に賴朝公の富士の牧狩に用ゐた直徑六尺の太鼓と鐘がある。一打千里に轟くとの評判だが敢て千里は響くまいが三里餘方は大丈夫轟く樣に信ぜられる。佛殿の前に七株の白槇及び蓮花の銅盤等があつて一層懷古の念に堪へざらしむるのである。佛殿より法堂庫裡、龍王殿を右に眺め左に學林、廣德院〔、〕龍華院、大源院、佛國々師墓を見て寶藏を右折すれば斜坂に數戸の茶店が軒を幷べてある。そうして黄ばみ走つた妙聲を張り擧げて參詣者に便利を與ふべく、晝餐の用意や草履を召せと勸誘して居る。茶屋前を上れば數百の櫻樹を植付けられた大廣場に出る。前には仰ぎ見る雲間に幾百と數へ切れぬ石段がある。此石段の登り詰めに半僧坊社が鎭座して其奧の院迄は尚ほ一層高くなる。毎年二月の節分には年男の豆撤する追儀式が行はれる。毎月十七日は其緣日なので數萬の善男善女が參詣する。此南の奧院に上りて眺望すれば鎌倉の山水、相模灘の風光が一時の中に早められて實に絶快と絶叫するより外はない。

[やぶちゃん注:「〔、〕」は私が補った。この半僧坊の描写、私のテクストを熱心にお読み戴いている方は、デジャヴがあろう。あの大和田建樹の「散文韻文 雪月花」「汐なれごろも」が如何に名文であったかがよく分かるのである。]

« 栂尾明恵上人伝記 36 小賢しい連中が世にみちみちて心を養う人はもういない…… | トップページ | 本日閉店 (附 僕が「会う」と書かず「逢う」と書く理由) »