フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 我も死して碑に辺せむ枯尾花 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 白梅に明くる夜ばかりとなりにけり 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) »

2013/06/30

蕭條として石に日の入る枯野哉 蕪村 萩原朔太郎 (評釈)

  蕭條として石に日の入る枯野哉

 句の景象してゐるものは明白である。正岡子規らのいわゆる根岸派の俳人らは、蕪村のこうした句を「印象明白」と呼んで喝釆したが、蕪村の句には、實際景象の實相を巧みに捉へて、繪畫的直接法で書いたものが多い。例へば同じ冬の句で

     寒月や鋸岩のあからさま
     木枯しや鐘に小石を吹きあてる

 など、すべていわゆる「印象明白」の句の代表である。そのため非難するものは、蕪村の句が繪畫的描寫に走つて、芭蕉のやうな澁い心境の幽玄さがなく、味が薄く食ひ足りないと言ふのである。しかし「印象明白」ばかりが、必ずしも蕪村の全般的特色ではなく、他にもつと深奥な詩情の本質してゐることを、根岸派俳人の定評以來、人々が忘れてゐることを責めねばならない。

[やぶちゃん注:昭和一一(一九三六)年第一書房刊「郷愁の詩人與謝蕪村」の「冬の部」より。「喝釆」はママ。「喝采」が正しい。本文途中の二句は底本・親本ではポイント落ち。]

« 我も死して碑に辺せむ枯尾花 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) | トップページ | 白梅に明くる夜ばかりとなりにけり 蕪村 萩原朔太郎 (評釈) »