フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 嫉妬の馬 大手拓次 | トップページ | 南方熊楠による黒猫の話関連二篇 + やぶちゃんの大脱線注「レンデルシャムの森」事件 »

2013/06/09

文學の本質問題/詩人風の作家 萩原朔太郎

       ●文學の本質問題

 人が自分の中に居る感傷家や、甘たるい純情家や、子供らしい理想主義者(イデアリスト)や、熱し易い感激主義者(パツシヨニスト)や、それから特に、言葉がすぐ韻文的に舞いあがつてしまふやうな、詩人風の浪漫主義者(ロマンチスト)やなどに反感して、自分の中の稚態を憎み、自分の詩人を虐殺してしまはうと考へる時、彼等は初めて一人前の小説家になり、眞實の散文家として、レアリズム文學の出發點に立つのである。

 レアリズム文學の本質は、不幸にも我が國の文壇で、常に誤つて考へられてゐる。文學者に於けるレアリスチツクの精神とは、世間ずれのした俗物意識や、そんな點での經驗から、苦勞人の物解り好さを誇ることや、別してまた茶飮話の退屈さで、感動もなく熱情もなく、人生を身邊雜記的に見ることの習得でもない。文學が意味する現實主義とは、詩的ロマンチシズムヘの反語であつて、或る冷酷な強い意志から、すべての生ぬるい陶醉を蹴り飛ばし、より寒冷な山頂へ登らうとするところの、文學に於ける鐵製の意識であつて、言わば抒情詩的(リリカル)のものに逆説する、他の別種の詩的精神に外ならない。

 それ故に文學者は、彼が本質的にセンチメンタルの人間であり、詩人的殉情のロマンチストであればあるほど、逆にその一方では、彼自身に反撃する冷酷無情のレアリストとして、小説家の偉大な成功を克ち得るだらう。實際にまた、外國の多くの作家がその通りである。彼等のあらゆる典型的小説家とレアリストが、いかに殆ど例外なく、その若い時代に於て純情の詩人であつたかを見よ! 後に小説家となつてからも、その描寫のあらゆる確實な現實性と、殘酷にまで意地惡く見通してゐる眞實の把握の影で、いかにその詩人的情熱を高調し、時にまた隱しがたく抒情詩的(リリカル)でさへあるかを見よ!

 一般に言つて、詩的精神こそは文學の本質である。すくなくとも氣質の上で、詩人的なる何物かを持たないものは、小説家にも戲曲家にも、斷然文學者たる資格がない。――餘はすべて俗物のみ。

        ●詩人風の作家

 その抒情的精神だけを知つて、これに逆説する叙事詩的精神を持たないやうな文學者は、すくなくとも小説家として、最高の榮譽を保証し得ない。通例彼等は「詩人風の作家」と呼ばれる。そしてこの称呼は、必ずしも小説家にとって名譽でない。

[やぶちゃん注:昭和四(一九二九)年十月第一書房刊のアフォリズム集「虛妄の正義」の「藝術に就いて」より連続する二章。芥川龍之介の死後のものであるが、私はここに萩原朔太郎が芥川龍之介の中に見ていたもの(若しくは錯覚していたもの、または詩の定義の自己合理化過程)が見えるような気がしてきている。]

« 嫉妬の馬 大手拓次 | トップページ | 南方熊楠による黒猫の話関連二篇 + やぶちゃんの大脱線注「レンデルシャムの森」事件 »