フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大橋左狂「現在の鎌倉」 12 鶴岡八幡宮 円応寺 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第九章 生殖の方法 二 雌雄同體 »

2013/06/06

耳嚢 巻之七 病犬に被喰し奇藥の事

 病犬に被喰し奇藥の事

 

 金魚をすり潰し、其所えぬれば直に快驗なす由。其證は金魚を犬猫も一切不喰(くはざる)也。是(これ)犬の嫌ひ候所、其愁ひを去(さる)事しるべしと人の語りける。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:民間療法シリーズ直連関。犬による咬傷の民間療法は既に「耳嚢 巻之六 病犬に喰れし時呪の事」に既出。類感呪術的な如何にもな意味づけである。試みに金魚を漢方薬とするかどうか(してもおかしくはないが)ネット検索を掛けてみたが、どうも見つからない。見つけた方は是非、御教授を乞うものである。

・「病犬に被喰し」は「やまいぬにくはれし」と読む。「病犬」は「耳嚢 巻之六 病犬に喰れし時呪の事」の私の注を参照されたい。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 怪しき犬に咬みつかれた際の奇薬の事

 

 金魚を摺り潰し、咬まれた箇所に塗れば、直ちに快癒するとのこと。

 その効験(こうげん)の証左はと言えば、犬猫は金魚を一切食わないことにある。

 これは犬が金魚を嫌い、忌避して御座ることを証明するものである。従って、その咬傷の悪化をも、これ、防ぐことが出来るのであると理解出来よう、と人が語って御座った。

« 大橋左狂「現在の鎌倉」 12 鶴岡八幡宮 円応寺 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第九章 生殖の方法 二 雌雄同體 »