フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 海産生物古記録集■7 「守貞謾稿」に表われたるナマコの記載 | トップページ | 罪惡の美貌 大手拓次 »

2013/06/11

鬼城句集 夏之部 新茶

新茶      宇治の茶、萬古の急須、相馬の茶碗、

        美濃の柿、伊香保の盆、かぞへ來れば

        なかなかに勿體なし

      新茶して五ケ國の王に居る身かな

[やぶちゃん注:「萬古」三重県四日市市の代表的な地場産業である萬古焼(ばんこやき)。万古焼とも書く。葉長石(ペタライト:耐熱性に富むケイ酸塩鉱物。)を使用して造られ、陶器と磁器の間の性質を持った半磁器(「炻器(せっき)」とも呼ぶ)。耐熱性に優れ、紫泥の急須や土鍋で知られる(ウィキ萬古焼に拠る)。

「相馬」福島県浜通り北部の浪江町大堀で焼かれる陶器。大堀相馬焼。青ひび(鈍色の器面に広がる不定型な罅で、後にひびに墨を塗り込むために黒く見える)・二重焼(ふたえやき:轆轤成形で外側と内側を別に作り、焼成前に被せる手法でこれで製した湯呑茶碗は冷めにくいされる大堀相馬焼に特異的な製法)・走り駒意匠などの特徴を持つ。二〇一一年三月の福島第一原子力発電所事故によって福島第一原発から一〇キロメートル圏内に位置していた大堀は強制退去を余儀なくされ、協同組合諸共、二本松の小沢工業団地内に移転させられている。(ウィキの「大堀相馬焼に拠る)。]

« 海産生物古記録集■7 「守貞謾稿」に表われたるナマコの記載 | トップページ | 罪惡の美貌 大手拓次 »