フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 何處やらに魚族奴等が涙する燻製にほふ夜半は乾きて 中島敦 | トップページ | 大橋左狂「現在の鎌倉」 19 長谷寺・由比ヶ浜・稲村ヶ崎・七里ヶ浜・満福寺・龍口寺 »

2013/06/24

山に登る 萩原朔太郎 (初出形)

 山に登る
         旅よりある女に送る

山の山頂にきれいな草むらがある
その上でわたしたちはねころんでゐた
眼をあげてとほい麓の方を眺めると
いちめんにひろびろとした海の景色のやうにおもはれた
空には風がながれてゐる
おれは小石をひろつて口にあてながら
どこといふあてもなしに
ぼうぼうとした山の頂上をあるいてゐた

おれはいまでも、お前のことを思つてゐるのである

           詩集「月に吠える」より

[やぶちゃん注:『感情』第二年一月号・大正六(一九一七)年一月号に掲載された。末尾にかくあるが、感情詩社・白日社出版部共刊の詩集「月に吠える」初版刊行は大正六(一九一七)年二月である。これは言わば、詩集が公刊される前のフライング公開である。なお、同詩集では、

 山に登る
         旅よりある女に贈る

山の山頂にきれいな草むらがある、
その上でわたしたちは寢ころんで居た。
眼をあげてとほい麓の方を眺めると、
いちめんにひろびろとした海の景色のやうにおもはれた。
空には風がながれてゐる、
おれは小石をひろつて口(くち)にあてながら、
どこといふあてもなしに、
ぼうぼうとした山の頂上をあるいてゐた、

おれはいまでも、お前のことを思つてゐるのである。

と表記されている。これ以降の詩集類でも更に一部表記の改変がなされているが、最早それら改作されたものに私は興味がない。これは私の感懐であると同時に、皮肉の意を込めて言うなら、既に萩原朔太郎自身の「自作詩の改作について」での見解にもよるものである、ということを断っておく。]

« 何處やらに魚族奴等が涙する燻製にほふ夜半は乾きて 中島敦 | トップページ | 大橋左狂「現在の鎌倉」 19 長谷寺・由比ヶ浜・稲村ヶ崎・七里ヶ浜・満福寺・龍口寺 »