フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 石とならまほしき夜の歌 八首他二首 中島敦 | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 41 峰の嵐に諸一切種と上げたれば谷より告ぐる入逢の鐘 »

2013/06/23

大橋左狂「現在の鎌倉」 18 長谷の大佛

 長谷の大佛 鎌倉停車場よりは二十丁ある。江の島電車に乘れば長谷の停留所より五丁御輿ケ嶽の西麓にある。大異山廣德寺と稱し大佛は奈良の大佛と共に吾國著名の銅像である。丈三丈三尺、面長(めんてう)八尺五寸、眼長四尺、耳長六尺六寸、口徑三尺二寸、親指廻り三尺二寸、胴圍(どうまはり)十六間二尺、膝廻り五間三尺ある。胎内に觀音及阿彌陀尊を安置してある。遊覽者は胎内拜觀料二錢を投じて胎内に入る事が出來る。建長四年に鑄造されたとの事であるが如何に當時の美術が進歩してあるかに一驚を喫するのだ。其微笑の温顏勝くるが如く寛容の相以て參詣者を迎ふるは實に明治聖代の如何に大平なるかを表示して居る。

[やぶちゃん注:「丈三丈三尺……」以下の数値をメートル換算しておく。

 

丈三丈三尺      一〇・〇  メートル

面長八尺五寸      二・五七 メートル

眼長四尺        一・二一 メートル

耳長六尺六寸      二・〇  メートル

口徑三尺二寸      〇・九六 メートル

親指廻り三尺二寸    〇・九六 メートル

胴圍十六間二尺    二九・六九 メートル

膝廻り五間三尺    一〇・〇  メートル

 

因みに、現在の高徳院の公式サイトのデータを示しておく。

 

総高(台座を含む) 一三・三五  メートル

仏身高       一一・三一二 メートル

面長         二・三五  メートル

眼長         一・〇〇  メートル

口幅         〇・八二  メートル

耳長         一・九〇  メートル

眉間白毫直径     〇・一八  メートル

螺髪(頭髪)高    〇・一八  メートル

螺髪直径       〇・二四  メートル

螺髪数         六五六  個

仏体重量        一二一  トン

 

数値のずれよりも、計測する目の付け所が異なっており、本作の方が明らかにより庶民的な興味を本位としていて面白い。]

« 石とならまほしき夜の歌 八首他二首 中島敦 | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 41 峰の嵐に諸一切種と上げたれば谷より告ぐる入逢の鐘 »