フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之七 蕎麥は冷物といふ事 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第九章 生殖の方法 二 雌雄同體 ウミウシ »

2013/06/23

「らんすゐ」追跡1

8:54の教え子のメール



「すゐ」は、やはり「水」から出た石の名称であると思いたいです、そうでなければこの詩のイメージが崩れます。「殺人事件」で「噴水」を「ふんすゐ」とわざわざひらがなで標記した彼。その詩の第五行の「~~は○○」という体言止め。同じ神経回路の閃きから紡ぎだされた詩句のように感じます。

とほい空でぴすとるが鳴る。
またぴすとるが鳴る。
ああ私の探偵は玻璃の衣裳をきて、
こひびとの窓からしのびこむ、
床は晶玉、
(以下、略)

取り急ぎ、いま感じたことです。



なるほど!
「らん水石」か!
「水石」?!
自然石を台座や水盤に砂をしいて配置して鑑賞する「水石」!
こりゃ、まさに盆景と繋がる!

そこで早速只今、江戸の石フリーク木内石亭の「雲根志」の目次をめくってみた。……残念ながら「らんすい石」と発音するものはなさそうだ。……しかし……何となく、確かにこの「すゐ」は「水」だなあ、という気がしてきたぞ……

因みに、ふと目に止まったのは――

「スランガステヰン」

だった――
あまりご存知ないか? これ、石の名前なんだわ。
オランダ語“slangensteen”(スランガステーン)で「蛇の石」の意である。
江戸時代、オランダ人が伝えた薬の名で、蛇の頭から採取するとされた、黒くて碁石に似た白黒の斑紋を持った石で、腫れ物の膿を吸い、毒を消す力を持つとされ、「蛇頂石」「吸毒石」とも呼んだ。所謂、中国の竜骨で、古代の象やその他何でもかんでも変わった化石は「竜骨」と称したんだな、これは。
流石は石亭、「竜骨記」という、これだけの考証本も書いてるぐらいだ。
感心のある向きは僕の「和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類」の「龍」
の注でマニアックにしてフリーキーに追跡したものがあるからご覧あれ(かなり長い。ページ内検索に「須羅牟加湞天」(スランカステンと読む)を入れてお捜しあれ)。

何で目に止まったかって?
だってほら!
これ、「らん」と「す」と「ゐ」が入ってるんだわさ!
§(*^o^*)§

……閑話休題。今少し、調べてみよっと!

« 耳嚢 巻之七 蕎麥は冷物といふ事 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第九章 生殖の方法 二 雌雄同體 ウミウシ »