フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 黑鯛の歌 二首 中島敦 | トップページ | Dinu Lipatti-Bach Cant.No147 Herz und Mund und Tat und Leben 僕はこの曲は……彼の演奏のために……あったのだと思うのだ…… »

2013/07/09

仔山羊の歌 四首 中島敦 / 「河馬」歌群掉尾

    仔山羊の歌
      熱川(あたがは)の浜に
      一匹の仔山羊あり
      海に向ひてしきりに啼く
      その聲あはれなりければ
荒濱に仔山羊が一つ啼きてをりあはれ仔山羊は何を欲(ほ)りする
大島も黑雲がくり隱れけり仔山羊は何を見らむとすらむ
曇り日の海に向ひて立ち啼ける仔山羊は未だ角みじかかり
潮風にみじかき髯を吹かせゐる仔山羊の眼ぬち哀しと思ふ
[やぶちゃん注:「河馬」歌群の掉尾。詞書は底本では六字下げで一行に続けて書くが、ブログでは何行にもなってしまうため、恣意的に行分けして示した。昭和十二年に熱川に行った記載は手帳日記にはない。「鵜の歌」の私の注の推定からは、やはり四月四日(日)の条に『夕方、熱海ニ行ク』が気になるが、翌日の帰浜であり、一泊二日で熱海から稲取・熱川まで足を延ばしたというのは当時の交通事情から考えると、やや無理があるか。
「ぬち」連語(格助詞「の」+名詞「内(うち)」の付いた「のうち」の音変化)で~の内、の意。]

« 黑鯛の歌 二首 中島敦 | トップページ | Dinu Lipatti-Bach Cant.No147 Herz und Mund und Tat und Leben 僕はこの曲は……彼の演奏のために……あったのだと思うのだ…… »