フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 酒精中害者の死體 萩原朔太郎 (「酒精中毒者の死」初出形 附同詩形全変遷復元) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第五章 大学の教授職と江ノ島の実験所 21 »

2013/07/11

朱塔 中島敦 (中国旅行七十四首連作)

[やぶちゃん注:以下の「朱塔」と題する七十四首からなる歌群は、昭和一一(一九三六)年八月八日、横浜を夜行列車で発って長崎に赴き、十四日に長崎から上海丸で出航、翌日、上海に着き、杭州・蘇州を廻って八月三十一日に神戸に帰着した、二十三日間に亙る中国旅行の際に詠まれたものである。当時満二十七歳、横浜女学校に奉職三年目の夏季休暇中であった。中国では上海で前年に知り合って盟友となった三好四郎が同行している。筑摩書房版全集の第三巻の「來簡抄」の解題で編者郡司勝義氏は、『三好四郎氏は、ある意味では著者中島の文學が今日あることにとつて、缺かすことの出來ない案内役である』と述べ、『著者が一高の先輩であり既に作家として世にある深田』久彌『氏に近附きになれたのは、三好氏のはからひによる所が多かつた』とし、『三好氏は戰時中は中國本土の農村研究に携り、戰後引揚げて來て、昭和四十六年まで愛知大學教授を務めた』とある。私は個人的にこの歌群にとめどない不思議な懐旧の念を感じる。それは恐らく私が心血を注いで電子化した芥川龍之介の「支那游記」群(リンク先は私の芥川龍之介「上海游記」)をフラッシュ・バックさせるからでもあろう。]

 

  朱塔

 

    范石湖

南浦春來綠一川

石橋朱塔兩依然

 

   杭州の歌

 

杭州の街は夜ながら白壁を許多(ここだ)も見たり車の上ゆ

黄昏の街のはたてを忽然(たちま)ちに湖(うみ)展(ひら)けたり夕べしろじろぐと

さし竝(な)みの家に燈入りぬ西湖(うみ)の上は暮れて程經しかゞよひ白く

[やぶちゃん字注:「しろじろ」の後半は底本では踊り字「〲」。]

 

    (於新々旅館)

杭州のホテルの夜を燈を消せばあはれ螢が蚊帳の上に光る

言(こと)さやぐ唐(から)にも螢はゐたりけり我が蚊帳(かや)の上に息づきをるも

 

    ――以下三首 於放鶴亭附近――

こゝにかも龍井茶(ロンチンゾオ)を賞でにけむ梅と鶴とに生きし詩人(うたびと)

梅見れば梅薰りけむ鶴呼べば鶴も舞ひけむこの水の邊に

林處士のおくつき盛花もなき梅の古枝(ふるえ)に苔乾(かわ)きたり

 

    ――以下三首 蘇小小之墓――

西湖なる西冷橋にいにしへの歌姫(うたひめ)の墓まうでけるかも

六朝の金粉今は何處ぞと雕りし柱の丹は褪せにつゝ

いにしへの名妓の墓にあなやおぞ苦力寢たり夏の眞晝を

 

    ――以下 西湖上スケッチ――

蘇東披が築(つ)きたりしとふこの堤(どて)にべンチ置きたり人は見えなく

無懷氏(ぶくわい)の民か西湖の蓮(はす)とると盥にのりて泛べる翁

はちす實の茂みを別(わ)けて蓮とると翁は手もて盥漕ぎ行く

蓮に手の屆かむとして達(とど)かざり盥あやふく傾きてゐる

朝曇り西湖のおもて白々と「西施が淡き粧(よそほ)ひ」をする

 

    若把西湖比西子 淡粧渡抹總相宜 (蘇東坡)

楊柳の下行く轎の柄は長し水なる影も崩れずして走る

楊柳の蔭に舫(ふね)寄せ謹みにける乾隆帝が石碑(いしぶみ)の文字

湖畔(うみばた)の劉氏墓道の槐路(ゑんじゆみち)朝目(あさめ)に白く砂はおちゐる

汀より槐樹(ゑんじゆ)がくれに續きたり劉氏墓道の朝を人無く

 

    ――以下五首 於汪裕泰茶莊――

石づくり夏をつめたく湖岸(うみぎし)に茶を售(う)るこれの汪裕泰(ワンイウタイ)の店

雷峯の麓西湖の南なる汪裕泰の店の涼しさ

みづうみの風吹き入れて心ぐく飮む菊の茶の薰りよろしも

攻塊(まいくわい)の茶をこゝろむと湯を注げばすなはち立ちぬ甘き薔薇(ばら)の香

攻塊は薔薇(ばら)にしありけり吾家(わぎへ)なる紅(あか)き薔薇(さうび)を憶ひ出でつも

    ――於雷峯塔址――

雷峯の塔は跡なく夏草に立ちて乞食の僧が禮(ゐや)する

 

    ――於玉泉――

鯉にあらず鮫にあらぬ長髭の怪魚(けぎよ)さやぎ群れ水湧き返る

 

    ――靈隱山雲林寺に五百羅漢を見る――

金塗の五百羅漢がおのがじし泣ける笑へるものを思へる

打竝ぶ羅漢の中に靈隱の狸幾匹化けてゐるらむ

打竝ぶ五百阿羅漢聲そろへ笑ひはやさむか我轉(まろ)びなば

 

    ――五百羅漢の中にマルコ・ポーロの像も交れり如何なる故なるかを知らず――

マルコ・ポーロは佛弟子ならし雲林寺(うりんじ)の五百羅漢にうち交りたり

うす暗きみ堂の中に眼(まなこ)剝(む)き羅漢と竝ぶマルコ・ポーロはも

碧眼のポーロ尊者は新發意(しんぼち)か髭をみじかく苦笑してゐる

 

    於滬杭甬鐡路車上

ドアを開けて憲兵入り來(く)鞣皮(なめしがは)と埃のにほひかすかにするも

蓮(はす)の實を售(う)る聲きこゆこの驛は松江(スンキヤン)ならむ夕べ近しも

農夫らの水牛牽きて歸る見ゆはやもゆふげの時となりけらし

野を遙か烟立つ見ゆ夕(ゆふべ)なり給仕に命じメニュー持たしめむ

ガイド・ブック讀み厭きにける友と談(い)ふゆふげのスウプ トマトにせむか

城壁と塔の遠影黑みきぬ蒼々として野は昏(く)れむとす

嘉興(カアシン)の塔のシルエットはろかなりトマト・スウプを啜りつゝ見る

匙おきて忽ち明(あか)し汽車の燈(ひ)の入りたりけるよ何かうれしき

窓に倚る食後懶(ものう)きたまゆらをほつと燈は入りぬかろき驚き

空皿(あきざら)のスプーン黄なる灯に光り郷愁に似るものの影する

 

 

   蘇州の歌

 

城壁と蔦と運河と歌姫の古き都に我は來にけり

水際の壁に水照(みでり)はかぎろひて晝をしづけき姑蘇の裏町

橋裡に壁に家内に舫舷(ふなばた)に水照(みでり)ゆらゆらとたゞかぎろへる

水牛は童をのせて行きにけり姑蘇城外川傍(かはぞ)ひの道

水牛の背巾を廣み童(わらはべ)は横坐りしつ手弱女(たをやめ)のごと

反橋(そりはし)は甚(いた)も反りける駿馬の背ゆほとほと我は落ちむとせりき

薄曇る晝のけだるさうさぎ馬も己が影を見る水際(みぎは)去らずて

童顏の花は泛びて動かずよこの水は流れてゐるにかあらむ

[やぶちゃん字注:「ゆらゆら」「ほとほと」の後半は底本では踊り字「〱」。]

 

    (以下三首 於虎邱)

呉王闔閭三千の士を屠りけむ虎邱の寺の荒れまく惜しも

草深き石甃道(しきいしみち)に立ちて仰ぐ虎邱の塔の傾(かし)ぎ著(しる)しも

昔われ水滸傳にて讀みにける魯智深かもよこの大和尚

寒山の古寺を訪ぬとわが來れば石碑は缺けたり鐘も聞こえず

 

寒山寺彌陀の御手(おんて)に鏡置き理髮(かみかり)をるよ鋏ならしつゝ

楓橋の下行く水に婢女が衣(きぬ)濯ぎをり二人また三人

楓橋の狹の町の家暗く麻雀牌(マーヂャンパイ)をつくる女あり

麻雀の牌に字を彫る女瘦せ色蒼くして眼(まなこ)血走る

振り切りて人力車(くるま)走らする背後(そがひ)より叫(をら)び馳せくる乞食(こつじき)の群

石道を離れず追ひ來る赤ら目の乞丐童(きつがいわらべ)トラホームならし

造り岩のこちたき林泉(しま)ぞ留園の廻り廊下は行けど盡きぬかも

草枕旅にあればか園深く鳴く蟬の聲あはれなりけり

報恩寺の塔ゆ夕べを眺むれば白き壁壁また白き壁

白壁の一つ一つに夕陽照り數さへ知らず眼(まなこ)痛しも

目路の限りただ壁白く陽に映えて末は大湖につゞきたるらし

閶門(ツアンメン)の紙屋に紅(あか)き紙竝べ人集ひたり祭近からし

白壁の路地に賭博(ばくち)を打つ男われ咳(しはぶ)けどかへりみざりき

[やぶちゃん注:「マーヂャンパイ」の「ャ」は私の判断で促音化した。

「一つ一つ」の後半は底本では踊り字「〱」。]

 

わが雇ふガイド張氏の日本語のあなたどたどし池を川といふ

粟饅頭われ與ふれば畏(かしこ)みて押しいたゞける張氏をかしも

昨日今日蘇州爆撃と聞くからにあはれ張氏は如何しつらむ

[やぶちゃん字注:「たどたどし」の後半の「たど」は底本では踊り字「〱」。]

 

    遙かにチビ助を思ふ

日(け)ならべてチビをし見ねばチビの顏ふとも見たしと思ひなりぬる

敷島の大和の園に吾(あ)を待たむチビ助あはれ家苞(みやげ)何(なに)にせむ

圓(つぶ)ら眼の張子の虎を買ひ行かはチビ助笑ひくつがへらむか

[やぶちゃん注:昭和八(一九三三)年四月二十八日生まれの長男桓(たけし)。旅行当時(昭和一一(一九三六)年三月)は満三歳。]

« 酒精中害者の死體 萩原朔太郎 (「酒精中毒者の死」初出形 附同詩形全変遷復元) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第五章 大学の教授職と江ノ島の実験所 21 »