フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 洋裝した十六の娘 大手拓次 | トップページ | 放歌十二首 他五首 中島敦 »

2013/07/07

百性の生きて働く暑さ哉 蕪村 萩原朔太郎 (評釈)

    百性の生きて働く暑さ哉

 

「生きて働く」という言葉が、如何にも肉體的に酷烈で、炎熱の下に喘ぐやうな響を持つて居る。かうした俳句は寫生でなく、心象の想念を主調にして表象したものと見る方が好い。したがつて「百性」といふ言葉は、實景の人物を限定しないで、一般に廣く、單に漠然たる「人」即ち「人間一般」といふほどの、無限定の意味でぼんやりと解すべきである。つまり言へばこの句に於て、蕪村は「人間一般」を「百性」のイメーヂに於て見て居るので、讀者の側から鑑賞すれば、百姓のヴイジヨンの中に、人間一般の姿を想念すれば好いのである。もしさうでなく、單なる實景の寫生とすれば、句の詩境が限定されて、平面的のものになつてしまふし、且つ「生きて働く」といふ言葉の主觀性が、實感的に強く響いて來ない。ついでに言ふが、一般に言つて寫生の句は、即興詩や座興歌と同じく、藝術として輕い境地のものである。正岡子規以來、多くの俳人や歌人たちは傳統的に寫生主義を信奉して居るけれども、芭蕉や蕪村の作品には、單純な寫生主義の句が極めて尠く、名句の中には殆んど無い事實を、深く反省して見るべきである。詩に於ける觀照の對象は、單に構想への暗示を與へる材料にしか過ぎないのである。

 

[やぶちゃん注:昭和一一(一九三六)年第一書房刊「郷愁の詩人與謝蕪村」の「夏の部」より。「百性」は同「郷愁の詩人與謝蕪村」初版のママ。底本全集や現行同テクストでは総て「百姓」とするが、古くはこうも書いた。誤りとは言えないので復元した。因みに、この評釈に私は、最初から最後まで、すこぶる附きで共感出来る。]

« 洋裝した十六の娘 大手拓次 | トップページ | 放歌十二首 他五首 中島敦 »