フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第五章 大学の教授職と江ノ島の実験所 15 | トップページ | 芥川龍之介「河童」決定稿原稿の最後に附せられた旧所蔵者永見徳太郎氏の「河童原稿縁起記」復刻 »

2013/07/07

栂尾明恵上人伝記 45

 又或る時、佛性聖人、楞伽山の草庵に來臨してよめる、

  諸行をば無常なりとて身を捨つる人の心になるよしもがな

 

 上人御返歌、

  常ならぬ世を捨つるとは君ぞ見る物くるはしと人はいふ身を

  跡をくらふして入りにし山の奧なれど君には見せよ峰の白雲

 

 此の聖人自ら前栽(ぜんさい)にくさぐさの華を植ゑて侍りける。其の華の盛りに華にそへて讀みて奉りけり。

  植ゑおきて三世(みよ)の佛に手向けけり華の匂(にほひ)も法と思へば

 

 上人御返歌、

    法の爲に植ゑおく革の種よりぞ妙法蓮華も開けしくべき

[やぶちゃん注:「佛性聖人」岩波文庫「明恵上人集」の歌集の注(二五二頁)によれば、『続群書類従本『鳳笙師傳相承』に見える豊原利秋の一男仏性か』とし(これは小澤サト子氏「東洋文庫蔵 明恵上人歌集 本文と総索引」(国語史研究資料稿第三巻・1967年刊の補注に拠る)、『「南都笙正統。菩提山僧」と注する。なお、利秋は時秋の男。菩提山は伊勢の菩提山神宮寺か』とある。この豊原時秋(康和二(一一〇〇)年~?)は楽人で従五位下右近衛将監。豊原氏は代表的な楽家の一つであり、時秋の祖父時光及び父の時元とも笙の大家として名高かった。時秋は楽所勾当となって篳篥の道で名を上げた。その養子の利秋(弟光秋の子)以降も、豊原氏は代々朝廷に仕える楽家(京方楽人)として続いた(以上の事蹟はウィキ豊原時秋に拠った)。]

 

 松葉の禪門行圓(ぎやうゑん)、關東より上りて在洛の間、常に詣でて法談有りけり。或る時讀みて奉りけり。

  尋ね來て實(まこと)の道に入りぬるも迷ふ心ぞしるべなりける

[やぶちゃん注:ここ底本ではこの歌と次の「上人御返歌、」の詞書の脱落がある。岩波文庫「明恵上人集」及び講談社学術文庫「明惠上人伝記」を確認して補った。「松葉の禪門行圓」は岩波文庫「明恵上人集」の注(二八二頁)によれば、『藤原氏南家乙麿流左衛門尉二階堂行忠の男』で行円と名乗った人物の『祖父行盛、法名行然を誤った』かと同定候補を挙げる。]

 

 上人御返歌、

  尋ね來て實の道に入る人は此より深く奧を尋ねよ

 

 上人或る時讀み給ひける、

  夢の世のうつゝなりせばいかゞせんさめゆく程を待てばこそあれ

 

 上人の讀み給へるを聞きて、同(おなじ)禪門又或時よみて奉りけり。

  世の中はまどろまで見る夢なれやいかにさめてかうつゝなるべき

 

 此等皆世に聞き傳へて續後撰集(ぞくごせんじふ)・續拾遺集(ぞくじふゐしふ)に入れられけり。又なくなりたりける人の手跡の裏に光明眞言を書き給ひて、奧に書き付け給ひける、

  書きつくる跡に光のかゞやけばくらき闇にも人は迷はじ

 

 又或る時物の端に書き付け給ひける、

  いつまでか明けぬ暮れぬと營まん身は限りあり事は盡きせず

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第五章 大学の教授職と江ノ島の実験所 15 | トップページ | 芥川龍之介「河童」決定稿原稿の最後に附せられた旧所蔵者永見徳太郎氏の「河童原稿縁起記」復刻 »