フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 教育? 萩原朔太郎 | トップページ | 中島敦漢詩全集 十五 »

2013/07/31

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第七章 江ノ島に於る採集 21 西南戦争に赴く兵士たち

 東京への途中、兵隊が多数汽車に乗って来た。東京へ着いて見ると、道路は南方の戦争、即ち薩摩の叛乱から帰って来る軍隊で一杯であった。停車場の石段には将校が何人かいたが、みな立派な、利口そうな顔をしていて、ドイツの士官を思い出させた。私は往来の両側を、二列縦隊で行進する兵士の大群――多分一連隊であろう――を見たが、私が吃驚する暇もなく、私の人力車夫は片側に寄らず、もう一台の人力車の後について行列の間に入って了い、この隊伍の全長に沿うて走った。私は兵士達を見る機会を得た。色の黒い、日にやけた顔、赤で飾った濃紺の制服、白い鳥毛の前立をつけた短い革の帽子……これが兵士であり、士官はいい男で、ある者はまるで子供みたいだが、サムライの息子達で、恐れを知らぬ連中である。私を大いに驚かせ、且つよろこばせたのは、私に向って嘲笑したり、声をかけたりした者が、只の一人もなかったという事実である。彼等は道足で行進しつつあり、ある者は銃を腕にのせ、ある者は肩にになっていたが、それにしてもこれ程静かな感じのする、規律正しい人々を見たのはこれが最初である。事実彼等は皆紳士なので、行為もそれにふさわしかった。
[やぶちゃん注:言わずもがなであるが、これは西南戦争の出兵の様子である。これは磯野先生の「モースその日その日 ある御雇教師と近代日本」の復元日録から察するに、恐らく八月十八~二十一日前後の出来事ではないかと推測されるが(後述)、当時の西南の役は西郷隆盛が南進を始める(八月二十二日)直近、九月一日の城山籠城戦への突入直前という最終局面に達しつつあった(西郷の自刃は九月二十四日)。この描写された征討部隊も、後にこの籠城の最終戦に参加した人々とも思われる。
「彼等は道足で行進しつつあり、」原文は“They were marching along in fatigue fashion ;”である。「道足」という日本語がよくわからないが、「並足(なみあし)」(普通の足並み)のことか? しかしこの“in fatigue fashion”という語にそのような意味があるのだろうか? “fatigue”には軍事用語として、特に罰としての雑役“fatigue duty”、作業衣・野戦服“combat fatigue”の意があるから、寧ろ私は、
 野戦服に身を包んで並んで後進しつつあり、
と訳したくなるのだが(但し、通常、野戦服の場合は複数形を用いると辞書にはあるが)。識者の御教授を乞う。
 なお日の同定については、八月十八日が教育博物館(国立科学博物館の前身)の開館式であったことから(但し、磯野先生は『モースの出欠は不明』とされておられる)、同月二十一日は、モースが東京上野で開かれた第一回内国勧業博覧会開会式に出席していることにより、私が前後あえて言ったのは、磯野先生が二十一日の条に『この頃彼は東大に行き、生物学関係の教室と研究室を下見した』とあることによる。実は次の次の段落にその下見の様子が描かれており、本段落もその同日の直前の実見記であるようにも読めるのである(モースが別の日の記憶を繫げた可能性も捨てきれないが)。]

« 教育? 萩原朔太郎 | トップページ | 中島敦漢詩全集 十五 »