フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳)  第七章 江ノ島に於る採集 2 しゃぼん玉売り | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第七章 江ノ島に於る採集 4 磯採集! »

2013/07/18

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第七章 江ノ島に於る採集 3 私のコック



M171_2


図―171

 私の料理番は階下に、流しと二つの石の火鉢とから成る台所を持っている。これ等の火鉢はある種のセメントか、あるいは非常に軟かい火山岩を切って作ってある。勿論オーヴンは無く、火鉢は単に燃える炭を入れる容器であるに過ぎない。この上で料理番は煮たり焼いたりするが、鶏のローストをつくる時には、四角な葉鉄(ブリキ)を火の上に置いて鶏をのせ、その上に銅の深鍋をひっくりかえしにかぶせて、鍋の底で炭火を起し、一時的のオーブンを設け、鶏がうまくロースト出来る迄、彼は辛棒強く横に立って炭をあおぐ。図171は料理番の簡単な写生図である。鶏の雛は一羽数セント、鯖に似た味のいい魚が一セント。私は何でもが安いことの実例として、これ等の価格をあげる。

[やぶちゃん注:底本では石川氏が訳注として「オーヴン」の後に『〔窯〕』、「ロースト」の後に『〔燔肉〕』と記しておられるが、今や若き読者には、この割注の方に注を附さねばならない世界になってしまったことを、モース氏はどうお思いになられることであろう。]

 車夫二人に引かせて人力で藤沢へ行った結果、私は大きな淡水産の螺(Melnia)の美事な「種」を壺に一杯集めることが出来た。車夫達がまるで海狸(ビーヴァー)のように働いて、これ等の貝を河床からひろい上げたからである。

[やぶちゃん注:これは磯野先生の前掲書によれば、八月九日のことである。

「大きな淡水産の螺Melniaこんな属名はないのでおかしいと思って原文を確認すると“fresh-water snail (Melania), となっている。これは石川氏(または編集・印刷者)の誤りである。Melania 属というのは腹足綱吸腔目オニノツノガイ上科トウガタカワニナ科 Thiaridae(これば別にトゲカワニナ科とも呼称する)に属する。ところがこの属名自体がこれまた現在使われていないので、これまたてこづった。結論から言うと、このお馴染みのカワニナ類に似た(但し、この仲間は知られたカニモリガイ上科カワニナ科 Pleuroceridae のカワニナとは上科レベルで異なる)一種の、旧属名であった。トウガタカワニナ科の多くは九州奄美以南に棲息する南方系種であり、九州以北考えられる種はタケノコカワニナ(筍川蜷)Stenomelania rufescens しかいないので、このモースの記載が正しいとするならならば本種以外には考えられない。]

 私は特別な使を立てて郵便を藤沢へ送った。距離三マイル、賃銀十セント。亭主がやって来て、この使者は走る飛脚だから二セント多くかかるといった。私は丈夫そうな脚をした男がいい勢で売り出し、水を徒渉して向う側へ全速力で姿を消すのを見た。外山氏は郵便局長宛に、私の所へ来た外国郵便を特使で送るよう特に手紙を書き、それを持たせてやったが、その返事は同じ飛脚が、信じ難い程短い時間に持って帰って来た。彼は往復共、全速力で走り続けたに違いない。

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳)  第七章 江ノ島に於る採集 2 しゃぼん玉売り | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第七章 江ノ島に於る採集 4 磯採集! »