フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 迷信としての人生 萩原朔太郎 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第六章 漁村の生活 7 »

2013/07/15

フランツ・カフカ「罪・苦痛・希望・及び眞實の道についての考察」中島敦訳 6

          6

 人類の發展に於ける決定的な瞬間とは、繼續的な瞬間の謂である。此の理由からして、彼等の前のあらゆるものを、無なり、空なり、とする、革命的運動は正しい。何となれば、實際には何事も起らなかつたのであるから。

[やぶちゃん注:原文。

                                 6

Der entscheidende Augenblick der menschlichen Entwicklung ist immerwährend. Darum sind die revolutionären geistigen Bewegungen, welche alles Frühere für nichtig erklären im Recht, denn es ist noch nichts geschehn.

 新潮社一九八一年刊「決定版カフカ全集3」飛鷹節氏訳。

 六 人間の発展の決定的瞬間は、一回限りのものではなく、たえず訪れてこようとしている。だから、これまでの一切を無効だとする革命的な精神運動は正当なのである。なぜなら、その時点では、まだなにも生じてはいないのだから。

 以下、台詞の引用は総て、私の愛読書であるグスタフ・ヤノーホ著吉田仙太郎訳「カフカとの対話」(筑摩書房一九六七刊)より。

 散歩するカフカとヤノーホ。

 二人、街路で旗や幟を持った労働者の一団と行き合う。

カフカ「この人たちは自負と自信に満ちて揚々としています。彼らは街路を制圧しているので、そのため世界を制圧しているのだと思っています。が本当は思い違いだ。彼らの背後に、すでに書記官が、官吏が、職業政治家が、あらゆる現代のサルタンたちがのぞいている。かれらはその権力への道を拓(ひら)いてやっているのです」

ヤノーホ「大衆の力を、あなたはお信じにならないのですか?」

カフカ「私には見えるのです――この形の定まらぬ奔放な大衆の力というものが。それは飼い馴らされ、型にはめられることを望んでいます。真の革命の展開が終るところに、つねに一人のナポレオン・ボナパルトが現れるのです」

ヤノーホ「ロシア革命がより広く拡大することをお信じにならないのですか」

 カフカ、一瞬口をつぐむ。そうして、ゆっくりと次のように語り出す。

カフカ「洪水が拡がるほど、水は浅く濁ってゆきます。革命の洪水が干上がる。と、後に残るものは新しい官僚主義の泥濘(ぬかるみ)にすぎないのです。人類を苛(さいな)む足枷は、官庁の書類で出来ています」

太字「見える」は底本では傍点「ヽ」。]

« 迷信としての人生 萩原朔太郎 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第六章 漁村の生活 7 »