フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 八丈と小島の水門の潮疾く靑鯖色に激ちさやぐも 中島敦 (「小笠原紀行」より) | トップページ | 耳嚢 巻之七 又、久兵衞其術に巧なる事 »

2013/07/20

郵便局の窓口で 萩原朔太郎

 郵便局の窓口で

郵便局の窓口で
僕は故郷への手紙をかいた。
鴉のやうに零落して
靴も運命もすり切れちやつた。
煤煙は空に曇つて
けふもまだ職業は見つからない。

父上よ
何が人生について殘つて居るのか。
僕はかなしい空虛感から
貧しい財布の底をかぞへて見た。
すべての人生を銅貨にかへて
道路の敷石に叩きつけた。
故郷よ!
老いたまへる父上よ。

僕は港の方へ行かう
空氣のやうに蹌踉として
波止場(はとば)の憂鬱な道を歩かう。
人生よ!
僕は出帆する汽船の上で
笛の吠えさけぶ響をきいた。

[やぶちゃん注:昭和四(一九二九)年新潮社刊「現代詩人全集第九巻 萩原朔太郎詩集」より。初出は昭和二(一九二七)年六月号『婦人之友』(第二十一巻第六号)であるが、総ルビであることと、数箇所の歴史的仮名遣の誤り及び誤字・脱字・異体字があるだけで、全く同一であると言ってよい(特に初出を示す必要を感じない内容であるということを言いたいのである)。後に「定本靑猫」(昭和一一(一九三六)年版畫莊刊)に再録されているが、そこでは、

 郵便局の窓口で

郵便局の窓口で
僕は故郷への手紙をかいた。
鴉のやうに零落して
靴も運命もすり切れちやつた
煤煙は空に曇つて
けふもまだ職業は見つからない。

父上よ
何が人生について殘つて居るのか。
僕はかなしい虛無感から
貧しい財布の底をかぞへて見た。
すべての人生を銅貨にかへて
道路の敷石に叩きつけた。
故郷よ!
老いたまへる父上よ。

僕は港の方へ行かう
空氣のやうに蹌踉として
波止場(はとば)の憂鬱な道を行かう。
人生よ!
僕は出帆する汽船の上で
笛の吠えさけぶ響をきいた。

と、四行目末の句点を消去、「空虛感」を「虛無感」に変更し、「波止場の憂鬱な道を歩かう。」を「波止場の憂鬱な道を行かう。」に変更している。]

« 八丈と小島の水門の潮疾く靑鯖色に激ちさやぐも 中島敦 (「小笠原紀行」より) | トップページ | 耳嚢 巻之七 又、久兵衞其術に巧なる事 »