フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 朱塔 中島敦 (中国旅行七十四首連作) | トップページ | 北條九代記 賴經公關東下向 »

2013/07/11

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第五章 大学の教授職と江ノ島の実験所 21

M142

図―142

 

 私は前に死んだ縁者を記念するためカミダナ(神の棚)に燈の光を絶やさぬ祭典のことを述べた。道路の両側の家には、いずれも神棚の、神道か仏教の意味を持つ二、三の事物の前に、一列、時としては数列の燈火がある。部屋は低く、神棚の上の木造部は煤けて黒い。図142はこのような家庭内の祠の一つを写生したのである。この上にならべてある品物の数は、多分信心と財布とに比例するのだろうが、非常に差がある。死人にそなえる米を入れた、小さな皿もある。神道の神社で使うかかる器には、釉薬(うわぐすり)がかけてなくまたある種の場合の為には、全然轆轤(ろくろ)を用いず、手ばかりでつくる。花がすこし、それから死人の名前を薄い板に書いたものも棚にのっている。

[やぶちゃん注:「私は前に死んだ縁者を記念するためカミダナ(神の棚)に燈の光を絶やさぬ祭典のことを述べた」「第四章 再び東京へ」の中で、「人々の住宅には仏教の廟を納めた棚――カミダナ、即ち神様の棚と呼ばれる――があり、そこに小さな燈火と食物の献げ物とが置かれる。かくの如き食物は、死んだ友人のために献げられるのである」という記載を指す。ここでもそうだが、モースは仏壇と神棚を一緒くたに描写している。]

M143 


図―143

 

 旗は細長い布で輪によって縦に旗竿にかけられる。題銘はすべての漢字に於ると同様、縦に書かれる。[やぶちゃん注:「書かれる」の「る」の右に原注を示す『*』を附す。]旗をあげる方法は図143に示す通りである。

 

[やぶちゃん注:原注一は前後を一行空けている。以下の原注は、底本では一字半下げでポイント落ちである。]

 

* 忘れてならぬのは、日本人の使用する漢字が厳密に支那のものだということである。私の知るかぎり日本は漢字を一つも発明していない。これは我々が文字を発明しないと同じである。只日本人は漢字の音を使用してアルファベットを発明し、最後にそれ等の漢字を一つの線、あるいは二木の線位にまで単純化した。支那人はこれを全然やっていない。西方の国境にサンスクリットなる、発音による文字の形式の、いい実例を持ちながら、一億の国民の中で、彼等自身のアルファベットを考え出す丈の知恵を持った者が、一人もいなかったのである。大支那学者ドクタア・エス・ウエルス・ウィリアムは、支那を他の国々から隔離した最大の原因は彼等の言語だといい、絵画文字並に象形文字研究の大家、ギヤリツタ・マロレ一大佐は絵文字の使用は文明に属さぬといっている。そこで支那人に関して起る問題は――この国民は彼等の書法の結果として、不活発で且つ文明に遅れているのか、それとも他の方法を採用すべく余りに化石しているか? である。日本の一学者の言によると、日本語は漢字の輸入によって、大いに発達をさまたげられたそうである。

[やぶちゃん注:この「私の知るかぎり日本は漢字を一つも発明していない。これは我々が文字を発明しないと同じである。只日本人は漢字の音を使用してアルファベットを発明し、最後にそれ等の漢字を一つの線、あるいは二木の線位にまで単純化した。支那人はこれを全然やっていない。」の部分は原文が“So far as I know the Japanese never invented a character any more than we have ever invented a letter; the Japanese did, however, invent an alphabet by using Chinese characters in reference to their sound and finally abbreviated them to a single stroke or two; this the Chinese never did.”である。「二木の線」は「二本」の誤植と思われるが、ここは「一画若しくは二画」と訳した方が分かりがよい。変体仮名(若しくは平仮名やカタカナの創出)のことを言っている。

「ドクタア・エス・ウエルス・ウィリアム」サミュエル・ウェルズ・ウィリアムズ(Samuel Wells Williams 一八一二年~一八八四年)は、十九世紀中葉の中国に四十年余りに亙って滞在した米国人。澳門・広東に滞在した前半の二十年間には広東語を独学で習得しながら、現地の見習い職人を訓練しては伝道印刷所の運営を一人で切り盛りした(見習い工の中には音吉らモリソン号事件で知られる日本人漂流民も含まれていた)。清末の中国のみならず、幕末の日本とも無縁でなく、天保八(一八三七)年のモリソン号渡来と一八五三、四年(嘉永六年、安政元/嘉永七年)のペリー艦隊による黒船騒ぎが起きた際には通訳として活躍したことでも知られる(宮澤眞一氏の論文「S・ウェルズ・ウィリアムズの伝記及び書簡体日記に関する一考察」に拠る)。

「ギヤリツタ・マロレ一」ギャリック・マレリー(Garrick Mallory 一八三一年~一八九四年)は民族学者。北米インディアンの言語や文字、民俗研究で知られる(英語版ウィキ“Garrick Malloryに拠る)]

 

 路傍の茶屋で人々に会う時、彼等のいうことが、一言もこちらに通じないことを、理解させることは、不可能である。彼等はかまわず話し続ける。こっちを聾(つんぼ)と思って、大きな声で喋舌るのが普通である。そうでなければ、馬鹿か低能かとでも思っているような表情を、顔に浮べている。「自分には了解出来ぬ」という意味の日本語「ワカリマセン」を、いくら言っても無駄である。最後に私は熱心な有様で「カンサス・ネブラスカ交譲に関する貴下の御意はどうですか」という。すると彼等は不思議そうに私の顔を眺め、初めて事情が判って、ぶつぶついったり、大いに笑ったりする。

[やぶちゃん注:「カンサス・ネブラスカ交譲に関する貴下の御意はどうですか」原文は“What is your opinion of the Kansas and Nebraska Compromise?”。“the Kansas and Nebraska Compromise”は奴隷制度撤廃に絡んで南北の勢力形成を生み出す結果となった「カンザス・ネブラスカ法(Kansas-Nebraska Act)」のことであろう。ウィ「カンザス・ネブラスカ法によれば、一八五四年にアメリカ合衆国でカンザス準州とネブラスカ準州を創設して新しい土地を開放し、一八二〇年のミズーリ妥協(一八二〇年にアメリカ合衆国議会に於いて奴隷制擁護と反奴隷制の党派の間で成立した取り決めで、西部領土に於ける奴隷制規制が主眼とする。元ルイジアナ準州では奴隷制を禁じながら、ミズーリ州の領域内を例外とするもの)を撤廃し、二つの準州開拓者達がその領域内で奴隷制を認めるかどうかは自分達で決めることを認めた法律である、とある。『この法の当初の目的はアメリカ合衆国中西部を始点にする大陸横断鉄道を建設する機会を生み出すことだった。人民主権が提案された法に書き込まれるまでは問題とするにあたらなかった。この法はイリノイ州選出で民主党のアメリカ合衆国上院議員スティーブン・ダグラスによって考案された』。『この法は人民主権すなわち人民の支配という名前で奴隷制を認めるかを決定する投票を行うことができるようにした。ダグラスは、南部州が新しい準州に奴隷制を拡張できるが、北部州は依然としてその州内で奴隷制を廃止する権利があるために、北部と南部の間の関係を和らげることを期待した。しかし、法案の反対者は南部の奴隷勢力に対する譲歩だと言って非難した。法案に反対して結党したばかりの共和党は奴隷制の拡大を止めることを目指し、間もなく北部で支配的な勢力として台頭した』とある。無論、これは当時からみれば、既に二十年以上前の話であるが、アメリカの近代化への歩みの象徴的出来事として意味のある一文ではある。これは英語に暗い私の印象であるが、この一文の発音には日本語ではそう多くない破裂音や、馴染みのない“r”音が有意に含まれ、英語の固有名詞の持つ独特の波打つようなイントネーションがかなり奇異に感じられる。小五月蠅い日本人を一瞬にしてドンビキさせるための、モースとっておきの呪文であったものと思われる。]

« 朱塔 中島敦 (中国旅行七十四首連作) | トップページ | 北條九代記 賴經公關東下向 »