フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 栂尾明恵上人伝記 52 空中浮揚 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第七章 江ノ島に於る採集 7 山の名前 »

2013/07/24

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第七章 江ノ島に於る採集 6 日本人の名前

 私は外山と松村に向って、何事にでも「何故、どうして」と聞く。そして時々驚くのは、彼等が多くの事柄に就いて、無知なことである。この事は他の人人に就いても気がついた。彼等が質問のあるものに対して、吃驚したような顔つきをすることにも、気がついた。そして彼等は質問なり、その事柄なりが、如何にも面白いように微笑を浮べる。私はもう三週間以上も外山、松村両氏と親しくしているが、彼等はいまだかつて、我々がどんな風にどんなことをやるかを、聞きもしなければ、彼等が興味を持っているにも係わらず、私の机の上の色々なものが何であるか聞きもしない。而も彼等は、何でもかでも見ようという、好奇心を持っている。学生や学問のある階級の人々は、漢文なり現代文学なりは研究するが、ある都会の死亡率や、死亡の原因などを知ることに、興味も重大さも感じないのであろう。

 外山に頼んで、女の子と男の子の名前――我国の洗礼名に相当するもの――と、その意味とを書いて貰った。

[やぶちゃん注:「女の子と男の子の名前――我国の洗礼名に相当するもの――」ここは一文全部を示すと、“I got Toyama to write down for me a list of girls' and boys' names with their meanings, names corresponding to our Christian names : —”である。「我国の洗礼名に相当するもの」というのはやや違和感を感じるが、ここは所謂、モースの周囲で当時の日本人が普通に用いていた「熊公」とか「山さん」といった渾名や幼名や通称に対する正式な神聖唯一の生涯不変(旧武士階級などでは事実はそうではないが)実名というニュアンスで採っているものらしい。]

 

[やぶちゃん注:ここに有意な一行空け。以下の名前のリストは底本通り、全体を二字下げで示した。なお、原文では左に“Girls' names”、右に“Boy’s names”と二段に組まれている。]

 

   女の子の名前

  マツ  松

  タケ  竹

  ハナ  花

  ユリ  百合

  ハル  春

  フユ  冬

  ナツ  夏

  ヤス  安らかな

  チョウ 蝶

  トラ  虎

  ユキ  雪

  ワカ  若い

  イト  糸

  タキ  滝

 

   男の子の名前

  タロー    第一の男子

  ジロー    第二の男子

  サブロー   第三の男子

  シロー    第四の男子

  マゴタロー  孫の第一の男子

  ヒコジロー  男性第二の男子

  ゲンタロー  泉第一の男子

  カメシロー  亀の子第一の男子

  カンゴロー  検査された第五の男子

  サタシチ   心の固い第七の男子

  カイタロー  見殻第一の男子

 

 女の子は下層民でない場合、普通その名前の前に、尊敬前置称語として「お」をつけ、その他すべての場合「さま」を短くした「さん」を名前の後につける。これは尊敬をあらわす言葉だが、人の名につくばかりでなく、冗談に動物の名の後にもつける。この「さん」はミスミセス、及びミストルの役をする。日本人が「ベビさん」「キャットさん」といっているのを聞くこともある。だが、前置称語の「お」は、女の子の名前にかぎってつける。ミス・ハナは「お はな さん」になる。太郎、次郎等、第一、第二……を意味する男の子の名前はよくあるが、我国のジョンソンなる姓が、「ジョンの息子」なる意味を失ったと同様に、ある点で第一の男子、第二の男子の意味を持たぬようになった。外山氏の話によると、今や男の子達は、クロムウェル時代の風習の如く、忍耐、希望、用心、信実等の如き、いろいろな新しい名前を、沢山つけられているそうである。

[やぶちゃん注:「ヒコジロー  男性第二の男子」は原文“male second boy”で、彦次郎の逐語訳であろう。以下同様。

「ゲンタロー 泉第一の男子」は原文“fountain first boy”。源太郎。

「カメシロー 亀の子第一の男子」は原文“tortoise first boy”。亀四郎か亀次郎を亀一郎と誤ったか。底本では「第一」の下に石川氏の『〔?〕』の割注が入っている。

「カンゴロー 検査された第五の男子」は原文“examined fifth boy”。これは恐らく勘五郎で「勘定」辺りからの通訳の結果であろう。

「サタシチ 心の固い第七の男子」は原文“stable seventh boy”で定七か貞七であろう。

「外山氏の話によると、今や男の子達は、クロムウェル時代の風習の如く、忍耐、希望、用心、信実等の如き、いろいろな新しい名前を、沢山つけられているそうである。」原文“Mr. Toyama tells me, the boys are being given a great many new names after the style of Cromwell's time, such as Patience, Hope, Prudence, Faith, etc.”。英国の「クロムウェル時代の風習」にこうした命名の濫觴があったというか、流行があったというのは初めて知った。因みに『アイアンサイイズ』(Ironsides:鉄奇兵。剛の者。)クロムウェル(Oliver Cromwell)のオリバーとは「平和」の象徴であるオリーブを由来とするとも言われるが、ここに出ている“Hope”以外は、不学にしてそこからどんな名前が生まれたのかよく分からない。識者の御教授を乞うものである。]

« 栂尾明恵上人伝記 52 空中浮揚 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第七章 江ノ島に於る採集 7 山の名前 »