フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 狸 三首 中島敦 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 3 ……たかが雑誌……されど雑誌……なかなか手強いぞ!…… »

2013/07/04

何にこの師走の町へ行く鶉 芭蕉 萩原朔太郎 (評釈) (「町」は「市」の萩原朔太郎自身の誤認識による)

 何にこの師走の町へ行く鴉

 年暮れて冬寒く、群鴉何の行く所ぞ。この句をよむ毎に、自分はニチエの有名な抒情詩を思ひ出す。

 鴉等は泣き叫び
 翼を切りて町へ飛び行く。
 やがては雪も降り來らむ
 今なほ家郷あるものは幸ひなるかな。

ニイチエと同じやうに、魂の家郷を持たなかつた芭蕉。永遠の漂泊者であつた芭蕉の悲しみは、實にこの俳句によく表されてる。

[やぶちゃん注:『コギト』第四十二号・昭和一〇(一九三五)年十一月号に掲載された初出の「芭蕉私見」より。昭和一一(一九三六)年第一書房刊「郷愁の詩人與謝蕪村」の巻末に配された「附錄 芭蕉私見」の掉尾に配された鑑賞文では、以下のように評釈が全く異なっている(底本校訂本文ではなく校異によって復元してある)。

 何にこの師走の町へ行く鴉

 年暮れて冬寒く、群鴉何の行く所ぞ! 魂の家郷を持たない芭蕉。永遠の漂泊者である芭蕉が、雪近い冬の空を、鳴き叫んで飛び交いながら、町を指して羽はばたき行く鴉を見て、心に思つたことは、一つの「絶叫」に似た悲哀であつたらう。芭蕉と同じく、魂の家郷を持たなかつた永遠の漂泊者。悲しい獨逸の詩人ニイチエは歌つてゐる。

     鴉等は鳴き叫び
     翼を切りて町へ飛び行く。
     やがては雪も降り來らむ――
     今尚、家郷あるものは幸ひなる哉。

 東も西も、畢竟詩人の嘆くところは一つであり、抒情詩の盡きるテーマは同じである。

「羽はばたき」「漂泊者。」はママ。
 但し、この句は「花摘」に、

 何に此(この)師走(しはす)の市(いち)にゆくからす

で初出し、朔太郎の引用に最も近い「生駒堂」所収のものでも、

 何に此師走の市へ行(ゆく)鴉

で総て「市」であって「町」ではない。萩原朔太郎の誤った思い込みである。]

« 狸 三首 中島敦 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 3 ……たかが雑誌……されど雑誌……なかなか手強いぞ!…… »