フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之七 商家義氣の事 (商家義氣幷憤勤の事) | トップページ | まぼろしの薔薇 大手拓次 »

2013/07/12

鬼城句集 夏之部 藥玉

藥玉    藥玉をうつぼ柱にかけにけり

[やぶちゃん注:「藥玉」「くすだま」は端午の節供に用いる飾り物。元は中国から伝来した習俗で、現地では続命縷(しよくめいる)・長命縷・五色縷などと称し、五月五日にこれを肘にかけると邪気を払って悪疫を除き、寿命を延ばすとして古くから用いられてきた(端午の節供の時節は香草・薬草を含む山野草の繁茂する時期で、玉に繋がる五色の糸は万物の運航生成を支配する五行の調和を表象するものであった)。本邦では宮中の習わしとして始まり、当初は菖蒲と蓬(よもぎ)の葉などを編んで玉のように丸く拵え、これに五色の糸を貫いたり、菖蒲や蓬の花を挿し添えて飾りとした。室町より後は薬玉を飾る花は造花となって、皐(さつき)・菖蒲といった季節の花が用いられ、また中には麝香・沈香・丁子(ちょうじ)・竜脳などの薫薬(くんやく)を入れたため、薬玉は匂い入りの玉飾りとなった。この時、飾ったものは九月九日の重陽の節句に香りの減じたそれを新しい茱萸袋(しゅゆぶくろ)に取り替えたりした。現在の祭礼やイベント用のくす玉はこれがルーツである(以上は平凡社「世界大百科事典」及び、かわうそ@暦氏のサイト「こよみのページ」の端午の節供の薬玉の記事を参照させて戴いた)。

「うつぼ柱」空柱。「うつほばしら(うつおばしら)」。雨樋として用いる中空の柱。]

« 耳嚢 巻之七 商家義氣の事 (商家義氣幷憤勤の事) | トップページ | まぼろしの薔薇 大手拓次 »