フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 三日目の朝六首 中島敦 (「小笠原紀行」より) | トップページ | 耳嚢 巻之七 蟲さし奇藥の事 (二条) »

2013/07/25

記憶を捨てる 萩原朔太郎 (初出形)

 記憶を捨てる

それは雨に濡れてゐる、羊齒(しだ)の葉が這つてゐる。ぞくとした植物が繁茂し、森の中が奥深(おくふか)く見える。憂鬱な幻想の透視に於て。

かつて生命はその瞳をもつてゐた。何物かを明らかにみるところの瞳を。恐らくはその憂鬱なる透視に於て、森の中の倒景(たふけい)をさへ。併(しか)し、悲しみの薄暮(はくぼ)きた。印象をして消さしめよ。

森からかへるとき、私は帽子をぬぎすてた。ああ、記憶。恐ろしく破れちぎつた記憶、みじめな、泥水(どろみづ)の中に腐つた記憶。さびしい雨景(うけい)の道にふるへる私(わたし)の帽子。背後に捨てて行(ゆ)く。

[やぶちゃん注:『文章世界』第十四巻第八号・大正八(一九一九)年八月号に掲載された。初出は総ルビであるが読みが振れると判断したものだけのパラルビとした。後の散文詩集「宿命」(昭和一四(一九二九)年創元社刊)版では前二連がカットされて、以下のような詩形で所収されている。

 記憶を捨てる

 森からかへるとき、私は帽子をぬぎすてた。ああ、記憶。恐ろしく破れちぎつた記憶。みじめな、泥水の中に腐つた記憶。さびしい雨景の道にふるへる私の帽子。背後に捨てて行く。

他作品に合わせて冒頭一字下げとし、「恐ろしく破れちぎつた記憶。」を句点に補正している。]

« 三日目の朝六首 中島敦 (「小笠原紀行」より) | トップページ | 耳嚢 巻之七 蟲さし奇藥の事 (二条) »