フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第九章 生殖の方法 サナダムシとジストマ | トップページ | 戀 大手拓次 »

2013/07/07

マント狒 二首 中島敦

   マント狒(ひゝ)

     マント狒は身長三尺餘、毛は長くして

     白色。純白のマントをまとへるが如し。
     但し面部
と臀部のみ鮮かなる紅色(桃
     色に近し)を
呈す。

 

銀白の毛はゆたかなれどマント狒(ひゝ)尻の赤禿包むすべなし

マント狒の尻の赤さに乙女子は見ぬふりをして去(い)ににけるかも

 

[やぶちゃん注:「河馬」歌群の一。太字「ふり」は底本では傍点「ヽ」。
「マント狒」哺乳綱獣亜綱霊長目直鼻猿亜目狭鼻下目オナガザル上科オナガザル科オナガザル亜科ヒヒ属マントヒヒ Papio hamadryas。イエメン・エチオピア・サウジアラビア・ジブチ・スーダン西部・ソマリアに分布(古代にはエジプトに棲息したが現在は絶滅)。体長は♂で七〇~八〇、♀で五〇~六〇センチメートル。尾長は四〇~四五センチメートル。体重は♂で二〇、♀で一〇キログラム。メスよりもオスの方が大型になり、顔や臀部には体毛がなく、ピンク色の皮膚が露出している。尻胼胝(しりだこ)が発達する。尾の先端の体毛は房状に伸長。オスの体毛は灰色で、特に側頭部や肩の体毛が著しく伸び、これがマントのように見えることが和名の由来。メスや幼体の体毛は褐色である。草原や岩場に生息する。昼間は一頭のオスと数頭のメスや幼獣からなる小規模な群れで移動しながら摂餌し、夜になると百頭以上にもなる大規模な群れを形成して崖の上などで休む。威嚇やコミュニケーションとして口を大きく開け、犬歯を剥き出しにする行動をとる。食性は雑食で、昆虫類・小型爬虫類・木の葉・果実・種子等を食べる。古代エジプトに於いては神や神の使者として崇められ、神殿の壁やパピルスに記録されたり、聖獣として神殿で飼育され、ミイラも作られた。英名の一つである“Sacred baboon”の“Sacred”(神聖な)も、このことに由来すると思われる(以上はウィキマントヒヒ」に拠った)。]

« 生物學講話 丘淺次郎 第九章 生殖の方法 サナダムシとジストマ | トップページ | 戀 大手拓次 »