フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 祕密の花 大手拓次 | トップページ | 大空は戀しき人の形見かは物思ふごとに眺めらるらむ 酒井人眞 萩原朔太郎 (評釈) »

2013/07/24

信天翁 八首 中島敦

    薄暮信天翁(あはうどり)を見る

夕ぐるゝ南の海のはてにして我が思ふことは寂しかりけり

夕昏(ゆふぐ)るゝ南の海のさびしさを信天翁(あはうどり)とぶ翼(はね)の大きさ

信天翁(あはうどり)大き弧を畫(か)きとび來りまた飛びて去る夕雲とほく

日を一日(ひとひ)飛び疲れけむ信天翁(あはうどり)しまし憩ふと浪に搖れゐる

夕浪に憩ひ搖るゝと默(もだ)もゐるあはうどりといふものの愛(かな)しさ

[やぶちゃん注:太字「あはうどり」は底本では傍点「ヽ」。]

阿呆鳥と人いふめれど夕遠く飛ぶをし見ればうらがなし鳥

[やぶちゃん注:太字「うら」は底本では傍点「ヽ」。]

汝天を信ぜむとするか信天翁(あはうどり)思ふことなく飛びゐる羨(とも)し

汝天を信ぜむとするか信天翁(あはうどり)醜(しこ)の末世(まつせ)の懐疑者(ピロニスト)われは

[やぶちゃん注:「懐疑者(ピロニスト)」“Pyrrhonist”。古代ギリシャの懐疑主義・不可知論の濫觴ピュロンに由来する。なお、ミズナギドリ目アホウドリ科キタアホウドリ属アホウドリ Phoebastria albatrus の和名は、人間への警戒心が弱く、翼が巨大なために飛翔には長距離の助走が必要で容易に飛び立てない上に、その翼のために地表上での歩行バランスが極めて悪く緩慢であることから容易に捕殺されたことに由来する。漢名「信天翁」も空を飛ぶことが苦手(但し、飛翔を開始すれば長距離の飛翔が可能)に見えたため、天から餌が降ってくるのを信じて「翁」(頸部の羽毛)を揃えて口を開け待っているぐうたらな鳥、という俗説に基づく呼称とする。]

« 祕密の花 大手拓次 | トップページ | 大空は戀しき人の形見かは物思ふごとに眺めらるらむ 酒井人眞 萩原朔太郎 (評釈) »