フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 手をのばす薔薇 大手拓次 | トップページ | フランツ・カフカ「罪・苦痛・希望・及び眞實の道についての考察」中島敦訳 6 »

2013/07/15

迷信としての人生 萩原朔太郎

       ●迷信としての人生

 偶然ということは有り得ない。あらゆる事實は、それが有るべき事情によつて、必然の方則に支配される。

 これが科學者の命題である。我々の反駁は、その點で力がなく、論理の立證を持ち得ない。しかしながらもし、人々がそれを信じ、生活上の實感として、疑ひもなく肯定してしまふならば? その時人々は、土耳古人や支那人の乞食と同じく、避けがたく宿命論者になるであらう。なぜと言つて人生は、その前行する必然の事情によつて、どうせ成るようにしかならないのである。人々は方則の支配する社會に於て、必然に生涯の運命を決定される。人がどんなに意志したところで、一も成功する望みはなく、物體に於ける力學の法則と、宇宙の複雜なオルガニズムとで、球突き臺に於ける球のやうに、突かれた方角に轉つて行く。どうにでもせよ。我々自身には自由がなく、自然の機械律に動かされて、捨てばちの生活を送るのみだ。人々はただ、明日の生活に期待をもち、方則の組合す函數律を超越した、未前の「偶然」を信ずることによつてのみ、努力や奮鬪への希望をもち、人生を有意義に感ずるのである。

 それ故に教育は、この點で科學を否定し、偶然の實在するウソの事情を、苦しい詭辯に於てすらも、説かなければならない立場にある。げに「偶然」と「自由意志」とは、人間の主觀に於て、論理を超越した信仰であり、今日の科學的な時代に於ても、避けがたく執拗に支持されてる――そして支持されねはならない――一の人間的な迷信である。

[やぶちゃん注:昭和四(一九二九)年十月第一書房刊のアフォリズム集「虛妄の正義」の「意志と忍從もしくは自由と宿命」より。「どうせ」は底本では傍点「ヽ」。三箇所の「方則」、また「未前」はママ。]

« 手をのばす薔薇 大手拓次 | トップページ | フランツ・カフカ「罪・苦痛・希望・及び眞實の道についての考察」中島敦訳 6 »