フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第六章 漁村の生活 1 | トップページ | うしろをむいた薔薇 大手拓次 »

2013/07/13

鬼城句集 夏之部 田草取

田草取   田草取田の口とめて去にゝけり

      二番草取つて八專晴にけり

[やぶちゃん注:「二番草」「にばんぐさ」は田植え後に行う二回目の除草。「八專」暦で干支の十干と十二支の五行が合う比和(ひわ)の日を言う。壬子から癸亥の一二日間のうちで間日(まび:八専の期間内でも同気の重ならない丑・辰・午・戌の四日。)を除いた八日。十干と十二支に五行を割り当てた際に干支の気(五行)が重なる日が全部で十二日あり、そのうちの八日が壬子から癸亥までの十二日間に集中していることから、この期間を特別な期間と考え、「専一」(同一の気を専らにする)と言い、それが八日分あることから「八専」と言う。年に六回あって、本来は吉はますます吉となり、凶はますます凶となるとされていたが、次第に凶の性質のみが強調されるようになり、現在では何事もうまく行かない凶日とされているようである。一説には棟上げは吉、結婚・畜類売買・神事仏事は忌むとする。八専の第一日目を「八専太郎」と称し、この日が雨(晴れ)なら他は晴(雨)とするともあり(以上は中経出版「世界宗教用語大事典」及びウィキの「八専を参照した)、この中七下五の謂いはランドスーケープの鮮やかなヴィジュアルの他に、稲田の二番草が梅雨時期の始めか直前に行われたものとすれば(ただの思い付きでそういう事実については確認はしていない。ネット上で見つかるのは田の除草ではなく牧草の収穫データばかりで、そこでは梅雨時期の後に二番草収穫とする)、その日は抜けるような青空だった、だから後の七日は稲のためにしっかりと雨が降ってくれるという、農民の思いをも意味しているものではなかろうか? 農事識者の御教授を乞うものである。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第六章 漁村の生活 1 | トップページ | うしろをむいた薔薇 大手拓次 »