フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 焦心のながしめ 大手拓次 | トップページ | 谷上不死 (老子について) 萩原朔太郎 »

2013/08/09

理髪店の歌 六首 中島敦 (歌群「Miscellany」より)

  Miscellany

 

 

 

    理髮店(とこや)の歌

髭剃(あた)りつゝ夏場所の噂するらしもなかば睡りてわれは聞きゐる


閉ぢてゐるまぶたの裏に明るき影チラチラとして動くが如し


細目あけて薄刀の光見たりけり白き天井に陽炎の搖れ


うつうつとあたらせゐれば座敷より晝飯(ひる)の煮芋のにほひ洩れくる


大鏡の緣のプリズムの虹の色角度を變へて幾たびか見る


あめん棒明るき鏡シャボンの香五月はじめの髮床(かみどこ)の晝


[やぶちゃん注:歌群名「Miscellany」は寄せ集めとか雜録の意。

「チラチラ」「うつうつ」の後半は底本では踊り字「〱」。

「あめん棒」理髪店の赤・白・青の捩じれたサインポールのこと。明治初期に導入され、有平(あるへい)棒と呼ばれた。「アルヘイ」とは安土桃山時代にポルトガルから伝来した糖蜜から作られる茶色の棒状の菓子アルフェロア“alféloa”に形状がよく似ていたことに由来すると言われ(「有平糖」も同語源。例えばお菓子なみちのく 鶴岡のあろへ菓子(有平糖)の有平糖の形状と色とで理解出来る)、後にこの「有平棒」が転じて「あめん棒」となったとも言われる。]



次回からは標題から歌群名は省略する。

« 焦心のながしめ 大手拓次 | トップページ | 谷上不死 (老子について) 萩原朔太郎 »