フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第七章 江ノ島に於る採集 22 皇居 / 東京大学の研究室の下見 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 14 獵師町 »

2013/08/02

『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 13 聖天島

    ●聖天島

島の東岸(とうがん)にあり。天女影向の古跡と云ふ。

[やぶちゃん注:以下の引用は、底本では全体が一字下げ。]

 江島緣起曰(えのしまえんぎにいはく)慈悲上人良眞修行する事一千餘日の間。建仁二年七月十五日夜寅刻ばかりに。巖窟の内に紫雲異香三千光明赫燿曜(かくえう)として。天女壇上に現(げん)し。童子左右に侍り。天女妙音を出して告て曰。云々。此壇所今代(きんだい)には聖天岩白狐石と號す。又一本松と名つく。

又雨氣を帶(おぶ)れは。鳴動するにより。水天島とも呼へり。

[やぶちゃん注:以下の引用は、底本では全体が一字下げ。]

 安然記曰。島東海岸有石島。即聖天生身體也。島上有白龍。長八寸唇赤色也。欲降雨時鳴動。是故名水天島。

窟に良眞の像を安す。昔は孤松ありて。海風を凌ぎ。伸(の)ひず凋(しぼ)ます。幾百年を經過せしが。今や枯れぬ。只萱茅の繁茂するを見るのみ。

[やぶちゃん注:現在の陸地化した聖天島の様子は「新編鎌倉志巻之六」の「聖天島」の注に附した私の写真などを参照されたい。

「建仁二年」西暦一二〇二年。

「安然記曰……」を我流で書き下しておく。

「安然記」に曰はく、『島の東の海岸、石島(いしのしま)有り。即ち聖天生身(しやうしん)の體(たい)なり。島の上に白龍有り、長さ八寸にして、唇は赤色なり。降雨せんと欲(す)る時は鳴動す。是れ、故に水天島と名づく。』と。

「萱茅」はこれで「ちがや」と読ませているものと思われる。通常は「茅萱」である。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第七章 江ノ島に於る採集 22 皇居 / 東京大学の研究室の下見 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「江島・鵠沼・逗子・金澤名所圖會」より江の島の部 14 獵師町 »