フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 戀人を抱く空想 大手拓次 | トップページ | 小出新道 萩原朔太郎 (附自註 初出形) »

2013/08/01

少年と裏山に登りて 十首 中島敦 (「小笠原紀行」より)

  この少年を伴ひて裏山にのぼる

この山の案内(あない)をせむといふ少年の名を問へばロバァト

灌木分けて巖根(いはね)を攀ぢ行けば汗流れたりロバァトも我も

上衣脱ぎ手に持ち行けど汗しとゞにじみて來るも三月といふに

メリメ書くコルシカの山も思はるゝ日は豐かなれど岩の峻(こご)しさ

[やぶちゃん注:フランスの作家プロスペル・メリメ(Prosper Mérimée 一八〇三年~一八七〇年)は一八三四年にフランス歴史記念物監督官に就任(一八六〇年まで在任)、公務を交えてフランス各地やコルシカ島への考古学的調査を含めた旅をする機会を得、その旅行記(一八三五年~一八四一年)を出版しているが、ここはメリメの、「カルメン」に先行する代表作でコルシカ島を舞台とした女性の仇討小説「コロンバ」(一八三〇年~一八四〇年)を指しているか(ウィキプロスペル・メリメ」などを参照した)。]

岩の上(へ)の赤章魚樹(あかたこのき)の厚葉ごしに大わたつみの靑き膨らみ

岩疊(いはだたみ)のぼりのぼりて要塞の錢條網に行當りたり

[やぶちゃん注:「要塞」小笠原父島要塞。父島は日本海軍が日露戦争後に着目し、貯炭場・無線通信所などを設置、海軍からの強い要請で、大正九(一九二〇)年に陸軍築城部父島支部が設置されて測量・砲台設計に着手した。砲台工事は翌年から着工されたが、一九二二年二月のワシントン軍縮会議による太平洋防備制限条約により砲台工事は中止となっていた。しかし、昭和九(一九三四)年十二月に日本が防備制限条約から脱退するに伴って、砲台工事は再開、備砲工事に着手している。本旅行は昭和一一(一九三六)年の春であるから既に相応のものが完成していたものと思われる(ウィキ父島要塞」を参照した)。「ファーザーのHP」の小笠原要塞(父島、母島)及びそこからリンクする詳細探訪ページによれば、父島の要塞は大神山・夜明山及び最高峰の中央山にそれぞれ存在したことが分かる。ここは心情的にはロケーションから中央山ととりたくはなる(ファーザー氏の当該画像ページ)。]

大き雲過ぎ行くなべに岩山も斜面(なだり)の椰子もしまし翳(かげ)りつ

[やぶちゃん注:「斜面(なだり)」「傾(なだり)」は「なだれ」(雪崩・傾れ・頽れ)の転訛した語で、斜めに傾くこと、また、そのような地形を指す。近代になって発生した語のようである。]

眞日わたる南國(みなみ)の空に雲なくて見入ればしんしんと深き色かも

山峽(やまかひ)の谷に家あり家裏に豚飼ひにけりバナナも植ゑつ

豚の背に銀蠅あまた唸りゐてバナナ畠に陽はうらゝなり

« 戀人を抱く空想 大手拓次 | トップページ | 小出新道 萩原朔太郎 (附自註 初出形) »