フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本詩歌の象徴主義 萩原朔太郎 | トップページ | 鬼城句集 夏之部 うぐひ/老鶯/蠅  動物 了 »

2013/08/06

國木田獨歩 忘れえぬ人々 単行本「武藏野」版(ルビ完備) + 同縦書版

「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に僕の偏愛する作品、國木田獨歩「忘れえぬ人々」の単行本「武藏野」版(ルビ完備)同縦書版を公開した。

遠い昔に公開したもの(今から8年前の2005年8月5日公開。まさにサイト開設から一ヶ月ほど、そして右腕首を折った直後であった)は筑摩書房版「現代日本文學大系 第一一卷 國木田獨歩 田山花袋集」によるもので、僕の偏愛する作品集「武藏野」に載るものとは表記に微妙な違いがあることに気づいたことによる。

今回は底本にあるルビを総て再現し、読み易い縦書版も同時に作成したので、未読の方は是非、お読み戴きたい。

因みに、僕のブログ・カテゴリ「忘れ得ぬ人々」(「忘れ得ぬ人々:写真版」もあり)は無論、この作品への僕のオマージュである。

因みに今回のルビ・タグ(<RUBY><RB>漢字</RB><RT>ルビ</RUBY>)の挿入箇所は2300箇所を越え、
腱鞘炎になりそうになった。

それにしてもこの作品のエンディングは味である。入れ子構造になっていて、しかも最後に読者をして「やられた」という気にさせる。これが今から115年も前の小説とはちょっと思えないではないか。

« 日本詩歌の象徴主義 萩原朔太郎 | トップページ | 鬼城句集 夏之部 うぐひ/老鶯/蠅  動物 了 »