フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« チンドン屋の歌 六首 中島敦 | トップページ | 鬼城句集 夏之部 夏草 »

2013/08/10

私の孤獨感 萩原朔太郎

 私の孤獨感

 櫻の下に人あまたつどひ居ぬ
 なにをして遊ぶならむ。
 われも櫻の木の下に立ちてみたれども
 わがこころはつめたくして
 花びらの散りておつるにも涙こぼるるのみ。 (純情小曲集より)

 二十年近くも昔、まだ少年の頃に作つたこの詩情は、今も尚本質的に私のセンチメントを貫流してゐる。私の詩人としての心境には、いろいろ多樣な色彩が混じてゐるけれども、詩を思ふ情感の元は一つであり、いつもこの純情が動機であり、それの胸に込みあげてくることなしには、決して詩を作る欲情が起らない。
 この詩が語つてゐるやうに、私のセンチメントの本質は、要するに人生や、社會や、自然や、宇宙やに對するところの、張りつめた孤獨感の訴へである。この孤獨感の切實に感じられ、それが耐へがたくなつてくるとき、ふしぎに詩を思ふ心が高調して、リズムや言葉や幻想やが湧き出してくる。だから私の詩はいつも「訴へ」である。或る慰められない魂の哀傷であり、燈火に群がる蛾の羽ばたきである。
 かうした私の詩は、創作動機の本質上からして、多くの人と變つてゐるので、好きな人には好かれるけれども、ずゐぶん或る向では厭やがられる。私は自分の詩の缺點を知り、またそれに對する世の非難もよく知つてる。けれどもそれ以上に、私自身をどうするといふこともできはしない。私は薄弱で非力だけれども、運命で定められた自分の道を行くよりない。
 散文作家としての私も、本質的には詩人としての私に變りはしない。私の書く「情調哲學」のやうなものも、同樣にやはり孤獨感に動機してゐる。この社會や人生が、私と氣質的にちがつて居り、どこに自分の地位する環境もないことを知る時に、ぼつぜんとして思惟の欲情が起つてくる。春の麗らかな光の下で、世間が笛や太鼓に浮かれてゐるとき、何故私一人がその仲間から除外されるか? 私は櫻の下に立ち、さびしく群集の踊を見てゐる。彼等は戀愛し、快樂し、人生の中に滿足してゐる。そして我々は何も持たない。ああ何の不合理ぞ! 不公平ぞ! 「私自身のため」にすら、人生を合理的にせねばならないのだ。
 かくして私は、常に改造思想の先頭に立つ。何物も、何物も、早く亡びてしまふが好いのだ。既に現在する社會は呪はれてあれ。そしてむしろ、人間そのものが呪はれてあれ。私はアナアキズムの輩と一致しない。ソシアリズムには根本から敵意をもつ。しかしながら熱情は、彼等の中の巨頭とさへも劣らない。ただ私は、多數の徒黨の力でなく、私一人の力によつて、私一人のために、「新しき世紀」を建てたいのだ。私は個人主義の革命する勝利を見たい。私はエゴイストだ。エゴイストの故に社會の正義を愛するのだ。ああ、現在する如き人生は亡びてあれ!
 詩はただ感情を訴へる。しかしながら散文は、むしろより思想の抽象觀を訴へる。しばしば私は、散文家としてエゴを發展しようと考へる。不幸にして、私の散文は世に容れられない。けれども勇氣を失ふまい。私は自分の非力を知る。才能の空虛を知る。けれどもそれ以上に、私自身をどうするといふことも出來はしない。世界がもし、私自身の思ふ通りにならないならば、始から存在のない方が好い。とにかくにも私は、自分の燈火に向つて進んでみよう。果敢ない、蛾としての運命にひきずられて、翼を焦がすまでやつてみよう。
 私は孤獨の故に悲しみ、孤獨の故に怒り、孤獨の故に思想し、孤獨の故に阿片を吸ふ。私は人生を無責任にするダダイストでない。私は彼等と享樂しながら、彼等の無費任に腹を立てる。私はもちろんレアリストでない。現實するものは興味がないから、之れを觀照する意志をもたない。そして同時に、またアイデヤリストやロマンチストでも有り得ない。私は肉感性を執着するから、抽象の觀念界に超越できない。況んや私は神祕的なスピリズムでなく、サイキを奉ずる唯美主義の輩(ともがら)でもない。そして尚且つ、私はデカダンに敵愾しつつ、アメリカ風の新時代を反感する。
 ああかくの如く、私は遂に何物でも無い。そしてそれ故に――かく眞に孤獨なのである。

[やぶちゃん注:『詩神』第二巻第七号・大正一五(一九二六)年七月号に掲載された。底本は筑摩版全集第八巻に載る校訂本文を用いた。太字「多數の徒黨」は底本では傍点「●」。文中、「不幸にして、私の散文は世に容れられない」という箇所には微苦笑を禁じ得ない。私は萩原朔太郎に出逢った時からずっと、絶対の孤独者というイメージを持ち続けている。この文章はその絶対の孤独者の、日本への回帰の道程(末路と言っても私はよいと思っている。絶対の孤独者にとっては「道程」よりも「末路」こそ相応しいからである)を、まっこと分かり易く物語っているものであるように、私には思われるのである。]

« チンドン屋の歌 六首 中島敦 | トップページ | 鬼城句集 夏之部 夏草 »