フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 卵の月 大手拓次 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 1 モース来日早々「よいとまけ」の唄の洗礼を受く »

2013/08/27

霧・ワルツ・ぎんがみ――秋冷羌笛賦  踊り子の歌 九首 中島敦

 霧・ワルツ・ぎんがみ

    ――秋冷羌笛賦――

[やぶちゃん注:「羌笛」「きやうてき(きょうてき)」と読む。古代中国の西方の異民族である西羌人の笛及びその音を指す。グーグル画像検羌笛」で独特の形状が、こちらの YouTube 動画で実際の音色を聴くことが出来る。

 以下の序は底本では以下の一行二十四字で下インデント。]

 

 鬼神をもあはれと思はすると、いにしへ人の言ひけむ三十一文字と、な思ひ給ひそ。これはこれ、眼碧き紅毛人が秋の宵の一ときをハヷナふかしつゝ卓の上にもてあそぶてふトラムプの、「三十一(サーチイワン)」。首尾良く字數が三十一に近づきましたらば、御手拍子、御喝采の程をと、先づはいさゝか口上めきたれど。

[やぶちゃん注:「三十一」トランプ・ゲーム“thirty-one”。カードに点数が与えられ、合計が三十一に近い得点を取った者が勝つというもの。]

 

    (以下九首 踊り子の歌)

 

あしびきの山の井の店に踊り子が縞のショールを買ひにけるかも

 

[やぶちゃん注:単なる思い付きであるが、「山の井」はショール・スカーフを扱う横浜元町辺りの店の名ではあるまいか? ご存知の通り、スカーフ・ショール・ストールは横浜の地場産業で横浜スカーフと言えばかつては世界に通用したトップ・ブランドであった。]

 

踊り子は縞のショールを買ひてけりあはれ今年も秋ぞ去(い)ぬめる

 

夕さればルムバよくする踊り子の亞麻色の髮に秋の風吹く

 

シュトラウスのワルツをどれば踊り子の髮はさ搖れつゆたにたゆたに

 

眺めつゝ寂しきものか眉描きし霧の夜頃の踊り子の顏

 

手にとれば薄し冷(つめ)たし柔かし生毛ほのけき踊り子の耳

 

亞爾然丁(あるぜんちん)のタンゴなるらしキャヷレエの窓より洩るゝこの小夜更(さよふ)けに

 

浮かれ男に我はあらねど小夜ふけてブルウス聞けば心躍るも

 

挾み消しつ灰皿に置きさて立ちぬその金口に殘る口紅(べに)はも

« 卵の月 大手拓次 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第一章 一八七七年の日本――横浜と東京 1 モース来日早々「よいとまけ」の唄の洗礼を受く »