フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 流れの花 大手拓次 | トップページ | テロリストの原理 萩原朔太郎 »

2013/08/11

聘珍樓雅懷 十四首 中島敦

    聘珍樓雅懷
冬の夜の聘珍と聞けば大丈夫ますらをと思へる我も心動きつ
國つ仇と懲し伐つとふ國なれどからの料理の憎からなくに
うましもの唐の料理はむらぎもの心のどかに食ふべかりけり
白く濃き唐黍たうきびスウプ湯氣立ちてあら旨げやなうす謄うく
白く漉き唐黍スウプするするとへば心もなごみけらずや
[やぶちゃん注:「するする」の後半は底本では踊り字「〱」。]
家鴨いへがもの若鳥の腿の肉ならむ舌にとけ行くやはらかさはも
大き盤に濛々として湯氣けむり立つ何のタン(スウプ)ぞもいざ味見あぢみせん
[やぶちゃん注:特異な表記法。音数律から湯は「タン」と読ませ、丸括弧本文ポイント表記の「スウプ」は視覚的解説である。]
肉白き蟹の卷揚まきあげかろくうましうましとわがしにけり
[やぶちゃん注:「うましうまし」の後半は底本では踊り字「〱」。]
かの國の大人たいじんのごとおほらけくすべきものぞ紅燒鯉魚ホンシヤウリギヨ
[やぶちゃん注:「紅燒鯉魚」広東料理の定番である鯉の葱と生姜の鯉丸一尾の醤油煮。言わば筒切りにしない鯉濃こいこくであるが、以下の歌でも分るように甘酢餡かけで食べる。]
甘く酸き匂に堪へで箸とりぬ今宵の鯉の大いなるかな
甘酸かけて食ひもて行けば大き鯉はやあらずけり未だかなくに
[やぶちゃん注:「饜」は満腹するの意。]
冬の夜の羊肉ひつじの匂ふとかげば北京のみやこ思ほゆるかも
いさゝかにいやしとはへどなかなかに棄てがたきものか酸豚の味も
みんなみの海に荒ぶる鱶の鰭に逢はで久しく年をへにけり
[やぶちゃん注:「聘珍樓」「へいちんろう」と読む。横浜中華街にある創業明治一七(一八八四)年の日本最古の中国料理屋号を持つ老舗広東料理店。一首目に関わって述べておくと、「聘」は迎えるところの、「珍」は尊ぶところの心の意であるが、別に「聘」には賢者を招いて用いるの意、「珍」には貴重・高貴の謂いがあることから「良き人・素晴らしき人の集まり来たる館」の謂いも含む(ウィキの「聘珍樓」を一部参考にした。]

« 流れの花 大手拓次 | トップページ | テロリストの原理 萩原朔太郎 »